« アイスメーカー | トップページ | 民進党の代表選 »

東芝

東芝が進める半導体子会社
「東芝メモリ」の売却をめぐり、
東芝社内で慎重論が浮上してきたそうです。

提携する米ウエスタンデジタル(WD)の
反対で売却交渉が難航しているほか、
東芝メモリが東芝全体の営業利益の
9割以上を稼ぐ好業績を挙げているためだそうです。

複数の東芝関係者は「社内には東芝メモリを
売りたくないという雰囲気が漂っている」そうです。

これに対し主力取引銀行は、支援の
枠組みが崩れかねないとして、計画通り
年度内に売却手続きを終えるよう求めており、
売却見送りのハードルは高いそうです。

東芝メモリが生産する記憶用半導体フラッシュメモリーは、
スマートフォンの大容量化で需要が急増。
2017年4~6月期の営業利益は、東芝全体の93%に
当たる903億円を計上し、営業利益率も35%に達したそうです。

東芝がこれほどの超優良事業を売るのは、
売却益で18年3月末までに債務超過を解消し、
上場廃止を回避するためです。

でも銀行は、お金を回収したいですからね。
メモリー事業を売却するように言っています。
銀行からお金を借りると、リスクが大きいですね。

よい方法がbないのでしょうか。

|

« アイスメーカー | トップページ | 民進党の代表選 »