« VAIO | トップページ | 世論調査 »

県民の金銭感覚

金融広報中央委員会(事務局:日本銀行情報サービス局)が
18歳から79歳までの全国2万5000人を
対象にした「金融リテラシー調査」を発表したそうです。

金銭トラブルが多い山梨県民、
消費者ローン利用1位の沖縄県民、
老後の計画性がない秋田県民だそうです。

秋田県民の72.3%は老後の
生活費の計画を立てていないそうです。

国内外で金融リテラシー向上への
関心が高まっています。
一方で少子高齢化が進み、資産形成に
おける自助努力の必要性も高まっています。

振り込め詐欺やインターネット取引での
トラブルも、なお多い。

お金との付き合い方は必要不可欠な
生活スキルとなっています。
そこで現状を把握する目的で調査を実施したそうです。

現状を知ることで対策が打てますからね。
参考にした方がよいですね。

|

« VAIO | トップページ | 世論調査 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事