« シャープの業績 | トップページ | カジノ法案 »

民進党

民進党です。

9月上旬までに行われる
民進党代表選は、次期衆院選に
向けた共産党との野党共闘が
主要争点となるそうです。

前原誠司元外相が慎重な立場なのに対し、
枝野幸男元官房長官は前向きだそうです。

路線対立が先鋭化すれば、
党分裂に発展する可能性もはらんでいるそうです。

前原氏は30日、京都市内で記者団に
「枠組みありきでなく、結果としてわれわれが
目指す社会に協力してくれるならば、
あらゆる勢力と協力する、というのが
望ましい」と述べ、連携の必要性を
認めつつ、政策面では譲歩しない
考えを示したそうです。

これに対し、枝野氏は共闘路線を推進した
岡田克也前代表を幹事長として支えた。
29日のさいたま市内での講演では、
共闘に関し「戦術論の話だ。協力、
応援してくれるという人を排除する
理由は全くない」と語ったそうです。

どうなるでしょうか。
意見や政策が違うのなら、解党した方が
よいと思います。

少なくとも今の民進党は支持率が
一桁ですからね。

|

« シャープの業績 | トップページ | カジノ法案 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事