« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

セブンイレブン

セブン-イレブン・ジャパンです。

公正取引委員会は21日、
セブン-イレブン・ジャパンが、下請け業者に
支払う代金から約2億2746万円を不当に
減額したとして、下請け法(下請け代金の
減額の禁止)違反で同社に再発防止を
勧告したそうです。

公取委によると、同社は2015年9月~16年8月、
プライベートブランド商品の食品製造を委託する
76業者に対し、加盟店舗に配る新商品案内の
作成費用や、新店舗のセールに充てるとして、
支払い代金を減額していたそうです。

同社は「勧告を真摯(しんし)に受け止め、
コンプライアンス強化に努める」としている。
既に全額を支払ったという。コンビニエンスストア業界が
同法違反の勧告を受けるのはファミリーマート、
デイリーヤマザキを展開する山崎製パンに
次いで3社目だそうです。

ひどいですね。
委託された会社は、何もいえませんからね。
勧告ではなくて、罰則を設けるべきですね。
なかなか減少しませんね。

|

ポケモンGO

スマートフォン向けゲーム
「ポケモンGO」の国内配信が
始まり、22日で1年を迎えるそうです。

利用者は大幅に減っており、
ゲームの運営会社は新機能で
テコ入れを図るそうです。

配信当初はブームを巻き起こし、
運転中の利用者が交通事故を
起こすなど、国内外で社会問題にも
なりました。

調査会社ヴァリューズの推計では
月1回以上、GOのアプリを開いた
利用者は2016年7月に1100万人に
上ったが、今年6月には6割減の
442万人に落ち込んだそうです。
特に20~30歳代が離れているそうです。

今後、希少性が高いポケモンを
登場させるほか、利用者同士で
ポケモンを交換するなどの新機能を
検討しているそうです。

あまりにもブームになりすぎました。
あきられるのも早いですね。
ゲームは、継続して続けるのは
難しいですね。

|

良品計画

良品計画が、ライフスタイルショップ「イデー
(IDEE)」を展開する子会社イデーを
吸収合併することを発表したそうです。

イデーは1975年10月に設立され、2006年8月に
良品計画グループの傘下に入ったそうです。
現在は旗艦店の自由が丘店を含む
11店舗とオンラインショップを運営しているそうです。

良品計画は、同社グループが展開する
「無印良品」および「イデー」の両ブランドに
おいて、それぞれの強みを双方が取り入れ
補完し合うことで顧客満足度の向上を目指すそうです。

また、さらなる価値向上のため
経営プラットフォームを一本化し、
管理業務の合理化を進めると
同時にコーポレートガバナンスの
一層の強化を図るそうです。

管理業務の効率化を
するのですね。

最近、いろいろな無印の商品が
ありますね。
よく見るようになりました。

|

リニアの借入金

リニア中央新幹線の投資が
活溌化してきたJR東海です。

今年度の関連設備投資額は1590億円で、
南アルプストンネルや品川駅、名古屋駅を
中心に沿線で準備が整ったところから、
トンネルの掘削工事や地中連続壁工事などに
本格的に着手するそうです。

超電導リニア技術の開発による営業線建設、
運営・メンテナンスコスト低減にも
50億円を投じるそうです。

そしてこのほど、建設前倒しのため、
鉄道建設・運輸施設整備支援機構と
7500億円の借り入れ契約を結んだそうです。

利率は全期間固定の1・0%で、返済期限は
2056年1月12日。
財政投融資を活用した機構からの低利融資は
今回が5回目で、総額3兆円の借り入れが
完了するそうです。

いち開業できるでしょうか。
早く乗ってみたい気もしますね。

|

中国のGDP

中国国家統計局が第2・四半期の国内総生産
(GDP)を発表したそうです。

前年同期比6.9%増と予想をわずかに
上回ったそうです。

伸び率は第1・四半期と同じだったそうです。
鉱工業生産と消費が上向いたほか、
投資が引き続き堅調になったそうです。

ロイターがまとめたアナリスト予想は
6.8%増だったそうです。

前四半期比では1.7%増となり、
予想と一致。
第1・四半期の1.3%増から加速したそうです。

今年に入ってからの中国の経済成長率は、
輸出が回復し、建設業界の活況が続く中、
予想を上回り続けているそうです。

ただ、多くのアナリストは住宅価格抑制策や
債務の急速な拡大が経済成長に影響を
与えるとして、年内に中国経済は勢いを
失うとみているそうです。

毎回、7%より少し低いですね。
違和感があります。

本当の数字でしょうかね。

中国の景気はよいのでしょうか。

|

時差Biz

電車が混み合う時間を避けて、
快適な通勤を。

東京都が提唱する、通勤ラッシュの
緩和に向けた「時差Biz」のキャンペーンが
7月11日から始まったそうです。

通勤時間帯をずらす「オフピーク通勤」の
呼びかけは以前から行われているが、
今回は小池百合子都知事が昨年の知事選で
掲げた公約「満員電車ゼロ」の実現に向けた
肝いりのプロジェクトだそうです。

25日までの期間中、約260の企業・団体が
参加して時差出勤やテレワークなどに
取り組むほか、鉄道各社もポイントの
付与やクーポンのプレゼント、臨時列車の
運行などで混雑時間帯を避けた
通勤を促すそうです。

こういうのってやってみることです。
やってみて、悪い点があれば、
改善すればよいと思います。

マスコミは、批判ではなくて、
改善点や対案をだすべきですね。

|

成果型労働制

連合です。

神津里季生会長は13日、
所得の高い一部の専門職を
労働時間の規制や残業代の支払い
対象から外す「高度プロフェッショナル制度」
(高プロ)の創設を柱とする労働基準法改正案を
修正し、年間104日以上の休日確保を
義務化するよう安倍晋三首相に要請したそうです。

政府は経団連の同意を得て
修正に応じる構えで、連合も
高プロ導入を事実上、容認するそうです。

神津会長によると、安倍首相は
「しっかりと受け止めて検討する。
政労使合意が必要で、経団連と対応する」と
回答したそうです。

神津会長は要請内容を「譲れない一線」と表現。
政府は今年3月決定の働き方改革実行計画に
盛り込んだ「残業時間の上限規制」などと併せ、
今秋の臨時国会で労基法改正案の
一括成立を目指すそうです。

高度プロフェッショナル制度とは、
年収1075万円以上の為替・証券ディーラーや
アナリストなどの専門職を、労働時間の
規制や残業代、休日・深夜の割増賃金の
支払い対象から外す制度だそうです。

注目ですね。

|

富士通のスマホ

富士通は10日、利用者が通信会社を
自由に選べるSIMフリーの新型スマートフォン
「arrows M04(アローズエムゼロヨン)」を
発表したそうです。

防水性を高め、食器用洗剤や泡状のハンドソープを
用いて水洗いできるのが特徴だそうです。

頑丈で画面も割れにくく、ワンタッチで
画面を拡大できる機能なども備え、
高齢者に優しいスマホになっているそうです。

量販店での予想価格は4万円弱で、
20日から販売を始めるそうです。

アップルのiPhoneに勝つのは
難しいでしょうから、こういう特殊用途に
特化するのがよいかもしれません。

防水だと用途が多いでしょうね。
でも、企業として利益が出るのかは
わかりませんが。

|

今後の決済方法

Googleは、Gmailアプリによる決済手段の
提供をスタートしたそうです。
米国のAndroid版のみだそうです。

1タップで送金が可能になったそうです。

その他、キャリア決済などの代替的決済、
コンビニでのビットコイン決済など、
決済の方法はいよいよ多様化しつつあるそうです。

博報堂が今年1月に「『お金』に関する生活者
意識調査vol.1」を発表したそうです。

スマホ決済といえば、「Apple Pay」や
「楽天スマートペイ」、「Coiney」などが
有名だそうです。
スマホさえあれば財布を持たずに
済むので、利用したいと考える人は
多いのかと思ったが、意外にも31.4%と
少なめだそうです。

また、やはりセキュリティに不安を覚える人は
多いようで、83.4%もの人がスマホ決済での
個人情報の流出を懸念しているそうです。

セキュリティの問題ですね。
あるかも知れませんね。
でも、今後は増えてはいくでしょうね。

|

究極アイドル

AKB48グループや坂道グループの
総合プロデュースで知られる作詞家の
秋元康氏(59)が、テレビ朝日系オーディション番組
「ラストアイドル」(8月スタート)で、新たに
女性アイドルグループを手がけることが7日、
分かったそうです。

「究極のオーディション番組」が立ち上がるそうです。

応募条件は14歳から26歳の女性で、
最大の見どころは「プロアマ問わず、
兼任可能」の一文だ。AKBや乃木坂メンバーの
合格もあるそうです。

現在はトップアイドルから地下、
ネットまで多種多様なアイドルが存在。
群雄割拠の時代が到来しているそうです。

知名度を上げたい地方アイドル、
有名グループの中でチャンスを
つかみきれていないメンバーら、
夢と野望を抱くすべての女性に
門戸を開くそうです。

どうでしょうか。
現在は、多様化していますからね。

いろいろなグループが人気があります。
AKBも、世代交代があって人気も
かげりが見えます。

でもですね。
結局は、歌なのです。
歌がよければ人気が出ます。
アイドルだけでは、限界があると思いますが。

|

中古価格

電気自動車、日産リーフの中古車価格が
激しく下落しているそうです。

2011年や2012年の初期モデルに
ついていえば、30万円~40万円という
超バーゲンセールだそうです。

新車時に325万円した2016年モデルの
自動ブレーキ付きモデルすら110万円台で
購入可能という状況だそうです。

なぜ暴落か? 
理由は簡単。

バッテリーの性能劣化のためだそうです。

御存知の通りバッテリーの場合、使っていると
性能低下します。
初期型のリーフで言えば、新車時に160kmほど
走れたものの、今や100km以下になってしまった
個体すら珍しくないそうです。
エアコンや暖房を使うと、80km程度となり、
近所の買い物以外使えくなってしまうそうです。

160キロでも厳しいですね。
ガソリン車で、400キロ以上走ります。
160キロで充電では、厳しいですね。
価格の問題もあります。

|

テレビ市場

大手メーカーが牛耳る国内テレビ市場で、
機能で劣らない低価格品を売りにする
「新勢力」の出足が好調だそうです。

大手が画質や音響などにこだわる
高級路線を歩むのと一線を画し、
存在感を高めつつあるそうです。

ヤマダ電機は6月2日から、船井電機製の
液晶テレビを独占的に売り出しているそうです。

全11機種に録画機能がついているそうです。
高画質の4K製品も8機種をそろえ、
リモコンボタン一つで動画配信サービスに
もつながるそうです。

機能面でも、日本の大手メーカーの
商品と大差はないそうです。
だが価格(6月末時点)は、32型の
普及価格品で税別3万9800円と
日系他社の同型よりも1万円近く安いそうです。

販売は好調のようです。
ヤマダ電機が取り扱うのなら売れますね。
販売力が大きいですから。
大手メーカーも頑張らないと
いけませんね。

|

ふるさと納税

ふるさと納税の平成28年度の
寄付額が過去最多を更新したそうです。

インターネット納税サイトの普及や、
豪華な返礼品が話題を呼んだためと
みられるそうです。

ただ、総務省は豪華な返礼品の
見直しなどを自治体に要請しており、
29年度の寄付額にも影響しそうです。

総務省は今年4月、全国の自治体に
返礼品を寄付額の3割以下とし、高額な
家電などを返礼品としないことを求める
通知を出したそうです。
全国のほとんどの自治体が理解を示し、要請を
受け入れる方針だそうです。
総務省幹部は「拘束力のない通知にも
かかわらず、大半の自治体はよく対応して
くれている」そうです。

あまり規制はしないほうが
よいと思います。
返礼品もその地域の経済を
うるおします。

地方の活性化になります。
よいと思いますが。

|

東京都議選

東京都議選の結果です。

自民党の歴史的惨敗と、
「都民ファーストの会」の大躍進で
終わりました。

自民の当選議員らは政権へ不満を漏らし、
都幹部からは127人のうち新人が
54人を占めた結果に、今後の
議会運営を心配する声が聞かれたそうです。

自民党は、選挙期間中の稲田朋美防衛相の
失言や、衆院議員の元秘書への
暴言発覚などが逆風となったそうです。

今回は、マスコミや週刊誌に
踊らされましたね。
議員の発言などがクローズアップ
されました。

でもですね。
今回は、自民が負けたというよりも、
都民ファーストが勝ったというべきですね。

浮動票が全部、都民ファーストに
いきました。

自民党の戦略負けです。
小池都知事が自民党の推薦が
欲しいと言ったのに、なぜ拒否したのか。

そこから間違っていますね。
でも、自民党の都議は辞めてもらった
方がよいと思います。

|

銀行カードローン

急拡大を続ける銀行カードローンに
綻(ほころ)びが出始めたそうです。

銀行にとっておいしいビジネスモデルは、
利用者の多重債務の温床と批判される
ようになったからだそうです。

金融庁で開かれた多重債務問題に
関する有識者懇談会で示された資料によると、
2011年度末の銀行カードローンの貸出残高は
3兆3124億円。
消費者金融の3兆792億円を初めて
上回ったそうです。

「銀行」という安心なイメージに加え、
30分程度で借りられる利便性が
受けたそうです。

結局、金貸しですからね。
やっぱり、返済できない人には
貸してはだめですね。

政府も規制すべきですね。
消費者金融の銀行版です。

|

« 2017年6月 | トップページ