« ファミマとドンキ | トップページ | 東芝 »

2回目の利上げ

米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会
(FRB)です。

14日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、
政策金利を0.25%引き上げ年1.00~1.25%に
することを決めたそうです。

利上げは3月以来で今年2回目です。

またFRBの保有資産を圧縮する具体策を
約3年ぶりに改定、年内に始めると宣言したそうです。
米金融政策は異例の緩和状態から脱し、
正常化の最終段階に入るそうです。

決定は賛成8、ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁が
現状維持を主張し反対したそうです。

利上げは年1回だった過去2年のペースから加速し、
政策金利は2008年12月以来8年半ぶりに
0%台を脱します。

同時公表した金利見通しでは「年内あと1回」の
利上げ想定を維持した。
日米金利差がさらに拡大し、円安・ドル高要因に
なりそうです。

株式相場は、折込済みのようで
あまり変化はなかったですね。

アメリカ経済は順調なのですね。

|

« ファミマとドンキ | トップページ | 東芝 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事