« 空き家対策 | トップページ | 夏のボーナス »

牛丼の松屋

牛丼御三家のうち、松屋を展開する
松屋フーズです。
業績の見通しに暗雲が立ち込めて
いるそうです。

牛丼の原材料のうち、最も価格に
影響力を及ぼすのが牛肉のショート
プレート価格だそうです。

日本食肉流通センターの集計によると、
首都圏における最も取引量の多い
アメリカ産のショートプレート1キロ当たりの
価格は、直近の最安値を記録した
2016年の8月から17年4月までの間に、
3割近くも上昇しているそうです。

トランプ大統領の誕生後、ドル/円の為替相場が
大幅に円安に振れたことも輸入価格を
押し上げる要因の1つともなったそうです。

18年3月期連結決算の見通しでは、
売上高は935億円と前期比で5.0%の
プラスを見込むものの、営業利益は41億円、
純利益は22億5000万円と、前期比でそれぞれ
15.1%と20.7%の大幅な減少となる予想だそうです。

原価の上昇は、厳しいですね。
販売価格をあげることは難しいですね。
競争が激しい業界です。

|

« 空き家対策 | トップページ | 夏のボーナス »

経済・政治・国際」カテゴリの記事