« 中国の景気 | トップページ | ソニーが有機ELテレビ »

ソニーの無線通信

ソニーです。

2017年04月27日、誤り訂正などの
デジタル信号処理技術の他、
高周波アナログ回路や低消費電力の
LSIなど、これまで培ってきた技術を基に、
独自のLPWA(Low Power Wide Area)
ネットワーク技術を開発したそうです。

実験結果によると、海の上など障害物のない
環境では100km以上の通信が可能だそうです。

また、時速100kmで移動中でも
安定した通信ができるそうです。

ソニーの発表によると、LPWAで100km以上の
通信と時速100km移動時の通信が可能に
なったのは、データ受信の高感度化を実現した
ためだそうです。

同社のLPWAネットワーク技術では、
送信機が0.4秒の間にパケットを複数回送信し、
受信機が届いたパケットを波形合成するそうです。

これにより、高感度でデータを受信し、
通信の安定性を高めるそうです。

実用化できたらいいですね。
無線通信が一気に広がります。

|

« 中国の景気 | トップページ | ソニーが有機ELテレビ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事