« シャープ | トップページ | 世界の小売業 »

国内新車販売

2016年度(16年4月―17年3月)の
国内新車販売台数(軽自動車を含む)です。

前年度比2.8%増の507万7904台となり、
3年ぶりにプラスとなったそうです。

新型車効果が寄与し、登録車(排気量660cc超)が
同7.5%増の335万7933台だったそうです。

一方、軽自動車は同5.1%減の171万
9971台で3年連続のマイナスになったそうです。

自販連によると、上期はトヨタ自動車の
ハイブリッド車(HV)「プリウス」、下期は
日産自動車の小型車「ノート」や自動運転技術を
搭載したミニバン「セレナ」がけん引したそうです。

ノートはエンジンで発電し、駆動はモーターに
特化した新タイプのHVで、低燃費のほか、
電気自動車(EV)のような滑らかな
走り出しや静粛性などが特徴だそうです。

こういう新しいコンセプトの車がでると
売れますね。

軽自動車の販売がいまいちですが、
全体的に売り上げがあがって
いるのはよいことです。

|

« シャープ | トップページ | 世界の小売業 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事