« シャープ | トップページ | TPPの発効 »

ポテチ用ジャガイモ

ジャガイモの産地として知られる十勝地方です。

4月下旬の作付けを控えて早くも
加工用ジャガイモの争奪戦が過熱しているそうです。

生産農家は作付けと同時に秋の
出荷先も決めるためだそうです。

昨夏の台風被害による原料不足でポテトチップスの
一部生産休止や終了が相次いだ菓子メーカーなどは、
2年連続の非常事態を回避しようと原料確保に
奔走しているそうです。

他社より高額な買い取り価格を
提示するなど競争は激しさを増しており、
他の野菜から切り替える農家も出始めたそうです。

農業関係者によると、加工用ジャガイモの
一般的な買い取り価格は1キロ当たり
30~45円。

ところが、今年は60円に近い価格を
提示された例もあるそうです。

カルビーは原料の8割を占める
北海道産のうち、約半分の12万トンを
十勝管内から調達するそうです。

完全に需要と供給が変わったのですね。

いつまで続くのでしょうか。

|

« シャープ | トップページ | TPPの発効 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事