« ヤマト運輸 | トップページ | 和製テスラ »

首都圏の新築マンション

首都圏で新築マンション市場の
不振が鮮明になっているそうです。

不動産経済研究所が17日
2016年度の発売戸数を発表したそうです。

3万6450戸と、1992年度以来
24年ぶりの低水準になったそうです。

施工費の上昇で販売価格が高止まりし、
消費者が購入に二の足を踏んでいる
ためだそうです。

17年度も価格は高水準で
推移するとみられ、中古マンションに
目を向ける動きも広がっているそうです。

16年度の首都圏の新築マンションで、
発売した月に物件が実際に売れたかを
示す契約率は平均68・5%と、
8年ぶりに好不調の目安とされる
7割を下回ったそうです。

最大の要因は、価格の高騰だそうです。

1戸当たりの平均価格は5541万円と、
4年連続で5000万円を突破したそうです。

景気がよくなって人手不足に
なっていますからね。
価格も上がっているのですね。

賃金は上がっていませんので、
高いと買えませんね。

|

« ヤマト運輸 | トップページ | 和製テスラ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事