« 月刊実話ドキュメント | トップページ | 死亡保険 »

重工3社

大手重工3社が、事業の柱の一つだった
造船・海洋事業に頭を悩ませているそうです。

受注が減ったところに工事などの
失敗が重なり、各社とも大きな赤字を
計上したそうです。

撤退を視野に入れるなどの抜本改革案を
3月中にまとめる考えだったが、
足元の市況に明るさが出始めたこともあり、
どこまで踏み込んだ内容になるかが
注目されているそうです。

三菱重工業長崎造船所は、大型客船で
今年3月期までの赤字額が2540億円に
達したそうです。

同社は昨秋、大型客船事業からの
撤退を表明。
今年2月には、商船事業全体を
分社化して切り離し、収益の責任を
明確にする方針も明らかにしているそうです。

加えて、国内最大手の今治造船
(愛媛県今治市)など3社との提携交渉にも
力を入れているそうです。

日本の造船をどうするかですね。
確かに時代が変わっていますが、
技術の継承をどうするかですね。

|

« 月刊実話ドキュメント | トップページ | 死亡保険 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事