« 自動運転バス | トップページ | 中国企業の債務 »

中国の経済指標

中国の経済指標です。

7日に発表された外貨準備高が
予想外に増加した一方、8日発表された
貿易収支は予想外に3年ぶりの赤字となり、
外貨準備の増加は説明がつきにくくなったそうです。

エコノミストらは、この2つの指標の
つじつまが合わないと指摘しているそうです。

中国の2月の輸入は人民元建てで前年同月比45%増加し、
1月の25%増から伸びが加速したが、輸出は4.2%の
増加にとどまったそうです。
その結果、貿易収支は603億6000万元
(約1兆円)の赤字になった。

貿易収支が赤字であれば、中国人民銀行
(中央銀行)が外貨準備を取り崩して
人民元相場を支える必要性が増すはずだが、
ここ最近に比べると、先月は人民元の防衛に
外貨準備をあまり使っていないそうです。

データが合わないのですね。
データが間違っていると、判断が
間違いますからね。

正しい数字は何なのでしょうか。
わからなくなります。

|

« 自動運転バス | トップページ | 中国企業の債務 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事