« 中国とTPP | トップページ | FRB »

東芝を監理銘柄

東京証券取引所です。

14日、東芝<6502.T>株を15日から
監理銘柄(審査中)に指定すると
発表したそうです。

不正会計問題を受け、特設注意市場銘柄に
指定されてから1年半が経過したためだそうです。

東証は今後、東芝から提出される
内部管理体制確認書に基づき、上場維持の
可否を審査するそうです。

問題があると東証が認めた場合は、
東芝株は上場廃止となるそうです。

審査期間は決められていないそうです。

監理銘柄の指定期間も、上場廃止基準に
該当するかどうかを東証が認定した日
までとしているそうです。

審査を通じ、内部管理体制に改善の
見込みがないと東証が判断した場合、
東芝株は整理銘柄入りとなり、1カ月後に
上場廃止となるそうです。

東証が問題がないと判断すれば、
今回の監理銘柄の指定は解除されるそうです。

なかなか、報告書が出ないようですね。

以前からの経営体質の問題が
足を引っ張っています。
正しい数字が見えなくなっています。

どうなるのでしょうか。

|

« 中国とTPP | トップページ | FRB »

経済・政治・国際」カテゴリの記事