« 日米の経済対話 | トップページ | 中小企業のベースアップ »

中国の日本産食品

中国の国営中央テレビが、
輸入禁止となっているはずの
日本産「汚染食品」が売られて
いると不用意に報じたことが、
波紋を巻き起こしているそうです。

日本の食品は信頼性が高く消費者の
関心が集中。
「誤報だ」との反論が噴出する一方で、
日系スーパーやコンビニは日本食品の
一時撤去を余儀なくされるなど、
騒動への対応に追われているそうです。

テレビは15日放送の人気番組で
「無印良品やイオンの店舗で
販売されている」とやり玉に挙げたそうです。

「無印良品」を展開する良品計画、
イオンともに報道内容を否定。

一部中国メディアも「番組は商品に記されている
メーカー本社所在地を産地と間違えた」と
擁護したそうです。

インターネットでも「日本でなく中国産こそ
品質向上が望まれる」などの書き込みが
相次いだそうです。

訂正するマスコミもいるのであれば
よいですね。
事実をきちんと伝えるべきです。

でも、反日がありますから、リスクを
認識して進出すべきですね。

|

« 日米の経済対話 | トップページ | 中小企業のベースアップ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事