« ニコンが希望退職 | トップページ | 東芝 »

社員の副業

リクルートキャリアの調査だそうです。

就業規則で社員の副業・兼業を
認めている企業の割合です。

帝国データバンクが所有している
企業データからランダムに企業を
抽出したところ、「容認している」がが22.6%、
「推進している」が0.3%であるそうです。

容認・推進している企業を業種別にみると、
「建設業」(26.0%)が最も多く、次いで
「サービス業」(24.4%)。

社員規模でみると、「10~49人」(25.6%)が
最も多く、次いで「300人以上」(19.5%)。

エリア別では「北海道・沖縄」(30.7%)が
トップ、次いで「首都圏」(26.0%)だったそうです。

副業をみとめているのは、20%ですか。
そんなものでしょうね。
でも、今の正社員の給料では、
生活は、厳しいかも知れないので、
認める方が多くなっていくでしょうね。

|

« ニコンが希望退職 | トップページ | 東芝 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事