« 中国株 | トップページ | アパホテル »

中国とアメリカ

トランプ次期米大統領から
商務長官に指名された投資家の
ウィルバー・ロス氏(79)です。

18日、上院商業科学運輸委員会の
公聴会に出席したそうです。

ロス氏は「最大の優先課題は輸出を
拡大することだ」と主張。
一方、米国の労働者や製造業の基盤に
損害をもたらす貿易活動は支持しないとして、
米国の国益を最優先する姿勢を示したそうです。

また中国については「最も保護主義的な国だ」と
批判。

トランプ氏が繰り返してきた中国など
貿易相手国による通商政策への批判と
歩調を合わせたそうです。

事前提出書類では「米国は他国による悪意の
ある貿易活動や国営企業、補助金で支えられた
生産活動に耐えるべきではない」とも
訴えているそうです。

昔の、日本を見るようですね。
自動車摩擦、半導体摩擦などいろいろ
ありました。

そして、日本は変動相場制に移行しました。
1ドル360円が100円近くになりました。
でも、それでも、耐えましたからね。

中国は、どうでしょうか。
注目です。

|

« 中国株 | トップページ | アパホテル »

経済・政治・国際」カテゴリの記事