« シャープの特別賞与 | トップページ | ソフトバンク »

トランプ氏と中国

トランプ次期米大統領の対中国政策に
ついてです。

1979年の台湾との断交後、現職、
次期米大統領として初めて台湾総統で
ある蔡英文氏と電話で話し合ったそうです。

「一つの中国」原則に違反するとの
立場から、中国は強い不快感を示しているそうです。

だが、ペンス次期副大統領は「儀礼的な電話」に
問題はないとして、抗議は受け付けない
構えを示しているそうです。

トランプ氏はすでに、中国の習近平国家主席との
電話協議は終えていました。
今回の台湾総統との接触は、中台関係の
均衡に配慮した中でのものだそうです。

米国は断交後も「台湾関係法」に沿って、
台湾の防衛に必要な武器を供与している。

その上で、台湾海峡の一方的な現状変更は
認めない立場を表明してきたそうです。

外交が見えませんね。
中国もわかりません。

来年、どうなるでしょうか。

|

« シャープの特別賞与 | トップページ | ソフトバンク »

経済・政治・国際」カテゴリの記事