« 国内二輪車メーカー | トップページ | 少年マガジン »

国の借金

国の借金(公債金・借入金・政府短期証券の
合計)は、2015年度末時点で約1050兆円に
なっているそうです。

しばしば財政再建や増税を急ぐ必要が
あるという根拠として使われるそうです。
財政当局の説明だそうです。

これに対して「借金の金額は巨額でも、
政府には十分な資産があるので問題はない。
1000兆円は国民を驚かす過大な数字である」と
いった反論もあるそうです。

さらには、「発行済みの日本国債の多くは、
日本郵政や日銀などの公的機関が資産として
保有しており、それは国の借金(負債)と
相殺できるので、国全体で見た実質的な
借金はもっと小さい」という主張もあるそうです。

記事は、借金はしてはいけないと言って
います。

でもですね。
本当の数字を出すべきですね。
日本が持っている、海外の資産などです。
資産が800兆円あって負債が400兆円くらいです。
企業の内部留保は400兆円くらいです。

そして、何で、毎年、100兆円近く予算が組まれて
います。
税収は半分です。
でも、国内で回っています。
海外からの借金はないのです。

確かに、借金がありますが、もし、予算を
60兆円にしたら、日本経済は、潰れます。

やっぱり記事はもっと、いろいろな情報を
出すべきですね。

|

« 国内二輪車メーカー | トップページ | 少年マガジン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事