« スポティファイ | トップページ | RCEP »

高齢者の見守りサービス

日本郵政グループの日本郵便です。

17日、米アップルのタブレット端末
「iPad(アイパッド)」を利用した
高齢者向けの「みまもりサービス」を
来年3月にも全国展開するそづえす。

日本郵政やかんぽ生命保険など
郵政グループ全体で約40億円を投資し、
同サービスの事業子会社を立ち上げるそうです。

NTTドコモやセコムも出資を検討しているそうです。

日本郵便は人件費がかさむなど
厳しい経営環境にあるが、地域に
密着した2万4千局のネットワークと
ITを活用した新事業で収益拡大に
つなげるそうです。

みまもりサービスは、提携している米IBM、
アップルと共同で、昨年10月から山梨、
長崎両県で試験的に実施したそうです。

両社が開発したアプリをインストールした
アイパッドを高齢者に利用してもらうことで、
離れた場所に住む家族が高齢者の
健康などを確認できるそうです。

高齢者が増えますからね。
子供は、遠方が多いですから
いいかも知れません。

注目ですね。

|

« スポティファイ | トップページ | RCEP »

経済・政治・国際」カテゴリの記事