« JR九州 | トップページ | 透明ディスプレー »

株の超高速取引

金融庁は、コンピュータープログラムに
よる株式の超高速取引について
規制強化に向けた具体的な検討を
始めたそうです。

取引業者を登録制としリスク管理を
徹底することなどが柱だそうです。

今後、有識者を交えた議論を経て
年内にも内容を固め、早ければ
次の国会での法改正を目指すそうです。

東京証券取引所での全取引のうち
超高速取引が発注件数で7割程度、
約定件数で4~5割を占めているそうです。

金融庁は同取引の全体像を十分に
把握できていないことなどを問題視しているそうです。

安定した市場運営には規制強化が
必要と判断したそうです。

7割もあるのですね。
どんな影響があるのでしょうか。
よくわかりませんが。
よくなればよいですが。

|

« JR九州 | トップページ | 透明ディスプレー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事