« 倒産件数 | トップページ | ユニクロ »

サムスンのスマホの影響

韓国サムスン電子の新型スマートフォ
ン「ギャラクシーノート7」が発火問題で、
生産停止しました。

日本の部品・素材メーカーにも
影響を及ぼす可能性があるそうです。

日本製スマホの世界シェアは低いが、
部品や素材では強い競争力を保ち、
サムスンとも多くの取引があるからだそうです。

スマホ世界首位のサムスンの「失策」は、
日本メーカーの業績を直撃しかねないそうです。

ノート7をめぐっては、TDKがリチウムイオン電池を
供給しているほか、村田製作所やロームなども
部品を納入しているそうです。

村田製作所は「現時点で影響は
出ていない」と説明しているそうです。
日本の部品各社への影響は今のところ
軽微だそうです。

ただ、年度内に「世界1千万台販売」が
確実とみられていたサムスン最上位機種の
生産・販売の打ち切りは厳しいそうです。

日本の企業もリスク分散が必要ですね。

|

« 倒産件数 | トップページ | ユニクロ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事