« セブン&アイ・ホールディングス | トップページ | 韓国がTPPに参加 »

アメリカの雇用統計

米労働省が7日、9月の雇用統計(季節調整済み)を
発表したそうです。

非農業部門の就業者数は
前月より15・6万人増となり、
市場予想の17・5万人を下回ったそうです。

この増加幅は、雇用の堅調さを表す一方、
勢いはそれほど強くないことを示しているそうです。

米国の中央銀行にあたる連邦準備制度理事会
(FRB)は、金融政策を判断する際、
「物価の安定」と「雇用の最大化」を重視しているそうです。

年内の利上げに向けて、難しい判断を
迫られそうです。

失業率は5・0%で前月の4・9%から
やや上昇したそうです。

アメリカは、住宅と雇用を重視しています。

雇用がよくなれば、株価もあがります。
今回は、少しよくなかったですね。

利上げは難しいかも知れませんね。

|

« セブン&アイ・ホールディングス | トップページ | 韓国がTPPに参加 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事