« 平さんが急死 | トップページ | アップルの業績 »

世界のスマホ市場

韓国のサムスン電子が
火を噴く欠陥スマートフォン
「ギャラクシーノート7」の生産・
販売中止で窮地に陥っています。

韓国のサムスン電子のシェアを
ライバルメーカーが虎視眈々と
狙っているそうです。

サムスンに次ぐ世界2位の
米アップルには好機だが、間隙を突き、
3位のファーウェイ(華為技術)や
4位の「OPPO(オッポ)」ブランドを
展開する広東欧珀移動通信、
「vivo(ビーボ)」ブランドの
広東歩歩高電子工業といった
中国勢が大躍進するとの予測が
あるそうです。

サムスンのスマホと同じOS
(基本ソフト)「アンドロイド」を採用して
いることに加え、これまでは安さが
売りだったが、高級機種を強化し
存在感を高めているためだそうです。

サムスンは、これで、形勢が
変わりますね。
中国がどんどん迫っています。

でも、競争が激しくなっています。
スーとフォンで勝つのは大変です。

|

« 平さんが急死 | トップページ | アップルの業績 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事