« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

国内二輪車メーカー

国内二輪車メーカーが事業再編を
加速しているそうです。

ホンダなど大手4社は世界でも
存在感が大きいが、おひざ元の
国内市場が大幅に縮小しているそうです。

その結果、ホンダと、ライバルのヤマハ発動機は、
排気量50cc以下の「原付一種」で
業務提携を検討するそうです。

二輪車事業の赤字が続くスズキの
動向が次の焦点だそうです。

日本自動車工業会(自工会)によると、
2015年の世界の二輪車生産5598万台のうち、
日本メーカーのシェアは44%を
占めるそうです。

だが、国内市場の状況は厳しいそうです。

ホンダとヤマハ発が10月5日に
業務提携を発表しました。

国内3位のスズキだそうです。
二輪車事業は販売不振が続いているそうです。

提携が進むでしょうか。
注目ですね。

|

三陽商会

アパレル大手の三陽商会です。

28日、経営改善の進み具合を
公表したそうです。

英ブランド「バーバリー」の国内ライセンス契約が
昨夏に切れ、業績不振が続いているそうです。

来年8月までに計10ブランドを廃止し、
計250カ所の売り場を閉めるそうです。
ただ、抜本的な立て直し策は
打ち出せていないそうです。

同社はバーバリーの後継ブランドに
「マッキントッシュ ロンドン」などを
投入したが、販売に苦戦しているそうです。

約250人の早期退職を実施するが
業績の見通しは厳しく、追加の
改善策を迫られているそうです。

ひとつのブランドの影響がこんなに
大きいと困りますね。
バーバリーを扱っていたときに、
次の柱を育てていなかったのですね。

経営者の責任です。

|

シャープの退職者

シャープの退職者についてです。

シャープの希望退職の募集に
応じて3234人が辞めてから、
1年が過ぎたそうです。

8割以上は新たな職に就いたそうです。
今も仕事を探す人もいるそうです。

シャープでは工場のさらなる統廃合や
人員削減が検討されており、会社を
去った人、残った人どちらにも、
厳しい現実が待ち構えているそうです。

50歳以上は厳しいようです。
人材会社やハローワークをまわって仕事を
探したが、書類選考で落とされることが
続いたそうです。
収入はシャープ時代の「半分より少し上」を希望
していたが、助言を受けて下げてみた。
2月半ばには現在の勤め先から内定を得た。

でも、どんな一流企業でも技術がないと
再就職は厳しいですね。
そして、年齢があがると難しくなります。

|

アップルの業績

米アップルが25日第4・四半期決算(9月24日まで)を
発表したそうです。

スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の
販売台数は4551万台となり、アナリスト
予想平均の4480万台を上回ったそうです。
ただ3四半期連続での減少だそうです。

売上高は9%減の468億5000万ドル。
3四半期連続での減収になったそうです。

アップルが次の成長市場と位置づけていた
大中華圏の売上高は29.8%減。
前四半期の33%に続く大幅減になったそうです。

純利益は90億1000万ドル(1株当たり1.67ドル)となり、
前年同期の111億2000万ドル(同1.96ドル)から
減少したそうです。
ただ1株利益はアナリスト予想平均の
1.66ドルをやや上回ったそうです。

中国は、中国メーカーが強くなって
います。
サムスンの発火問題がおこっても、
アップルは、売り上げが伸びていないのですね。

アップルもだんだん厳しくなっています。

|

世界のスマホ市場

韓国のサムスン電子が
火を噴く欠陥スマートフォン
「ギャラクシーノート7」の生産・
販売中止で窮地に陥っています。

韓国のサムスン電子のシェアを
ライバルメーカーが虎視眈々と
狙っているそうです。

サムスンに次ぐ世界2位の
米アップルには好機だが、間隙を突き、
3位のファーウェイ(華為技術)や
4位の「OPPO(オッポ)」ブランドを
展開する広東欧珀移動通信、
「vivo(ビーボ)」ブランドの
広東歩歩高電子工業といった
中国勢が大躍進するとの予測が
あるそうです。

サムスンのスマホと同じOS
(基本ソフト)「アンドロイド」を採用して
いることに加え、これまでは安さが
売りだったが、高級機種を強化し
存在感を高めているためだそうです。

サムスンは、これで、形勢が
変わりますね。
中国がどんどん迫っています。

でも、競争が激しくなっています。
スーとフォンで勝つのは大変です。

|

平さんが急死

NHK大河ドラマ「国盗り物語」などで
知られる名優、平幹二朗さんです。

東京都内の自宅で死去したそうです。
82歳だったそうです。

警視庁北沢署によると、この日、一人暮らしの
平さんと連絡がつかないことから長男の俳優、
平岳大(42)が訪れたところ、浴槽で心肺停止状態の
平さんを発見したそうです。

死因は不明。
放送中のフジテレビ系「カインとアベル」(月曜後9・0)にも
出演しているそうです。

一人で住んでいたそうです。

最近、孤独死が多いですね。
一人住まいの高齢者が増えています。

お風呂などは、気をつけないと
いけませんね。

速く発見する体制が必要に
なりますね。

|

三菱自動車の再建

日産自動車のカルロス・ゴーン社長が
三菱自動車の会長を兼務するようになりました。

燃費データ不正問題を起こした
企業風土の改革を徹底するためです。

かつて日産を再生したゴーン氏が再び
辣腕を振るうことで経営再建を急ぎ、早期の
提携効果発揮も狙うそうです。

三菱自は19日、2017年3月期の業績予想を
下方修正し、営業損益が12年ぶりの赤字に
転落する見込みだそうです。

経営環境は厳しさを増しており、
ゴーン流が改めて試されるそうです。

ゴーン氏の手腕が見たいですね。

日産のときは、中堅が優秀だったので
トップの指示がよかったので
かわりました。

三菱もそうであればよいですね。
注目です。

|

透明ディスプレー

パナソニックです。

画面の背後が透けて見える
「透明ディスプレー」を採用した
次世代テレビを2019年度にも
国内で発売する方向で検討しているそうです。

すでに欧州で販売している高画質の「有機EL」を
採用したテレビも、来年度中に国内で
発売するそうです。

20年の東京五輪開催に向けた
特需などを見込み、新製品の投入を
加速させるそうです。

次世代テレビは、画面が厚さ3ミリ程度の
ガラス状のパネルで、棚の扉や引き戸の
ガラス部分に取り付けることもできるそうです。

普段はインテリアのガラスのように見え、
必要な時に画面に触れれば、テレビ映像や
インターネットの情報が表示されるそうです。

従来のテレビのように置く場所に気を使う
必要がなく、棚などに取り付ければ設置する
高さも自由に変えられるそうです。

試作品は、今月開催されたアジア最大級の
国際IT(情報技術)展示会「CEATEC(シーテック)ジャパン」
などで公開されたそうです。

すごいですね。
透明ですか。
どうやって映像を出しているのでしょうか。
パナソニックは、頑張っていますね。

|

株の超高速取引

金融庁は、コンピュータープログラムに
よる株式の超高速取引について
規制強化に向けた具体的な検討を
始めたそうです。

取引業者を登録制としリスク管理を
徹底することなどが柱だそうです。

今後、有識者を交えた議論を経て
年内にも内容を固め、早ければ
次の国会での法改正を目指すそうです。

東京証券取引所での全取引のうち
超高速取引が発注件数で7割程度、
約定件数で4~5割を占めているそうです。

金融庁は同取引の全体像を十分に
把握できていないことなどを問題視しているそうです。

安定した市場運営には規制強化が
必要と判断したそうです。

7割もあるのですね。
どんな影響があるのでしょうか。
よくわかりませんが。
よくなればよいですが。

|

JR九州

九州旅客鉄道(JR九州)です。
上場しますね。

17日、公開価格を1株当たり2600円に
決定したと発表したそうです。

配当利回りの高さや、訪日観光客の
強い伸びが安定した成長につながると
いった見方が投資家の買い意欲を後押しし、
仮条件(2400─2600円)の上限で決まったそうです。

株式の売り出し規模は4160億円となり、
LINEを上回る今年最大のIPOとなるそうです。

株式は10月25日に東京証券取引所に、
26日に福岡証券取引所に上場する予定だそうです。
東証では市場第1部に上場するそうです。

売出しのグローバルコーディネーターは
野村証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、
JPモルガン証券だそうです。

|

領収書問題

共産党大阪府議団の朽原亮(くちはら・まこと)
幹事長が、政務活動費として支出した
領収書に自ら金額などを記入していた問題です。

日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事は
16日、「見事なブーメランが突き刺さったと思う」と
述べたそうです。

政治資金の領収書をめぐっては、
共産党の小池晃書記局長が、稲田朋美防衛相の
政治資金収支報告書に同じ筆跡で
金額などが書かれた領収書が
添付されていたとして追及。

「金額を勝手に書いていたら領収書にならない」と
批判していたそうです。

確かに、ブーメランですね。
共産党のコメントが聞きたいですね。

国会議員も全員、領収書の発行を
義務付けたらよいと思いますが。

|

ユニクロ

「ユニクロ」などを展開するファーストリテイリングです。

13日、2016年8月期連結決算(国際会計基準)を
発表したそうです。
税引き後利益が前期比56・3%減の
480億円になったそうです。

減益は2年ぶりだそうです。
主力の国内のユニクロ事業が上半期(15年9月~16年2月)に
暖冬や値上げの影響で振るわなかったことや、
円高で為替差損が膨らんだことが響いたそうです。

売上高は海外での出店拡大などで6・2%増の
1兆7864億円だったが、本業のもうけを示す
営業利益は22・6%減の1272億円にとどまったそうです。

大幅な減益となった要因は、14~15年にかけて
2度実施した実質5~10%の値上げだそうです。

円安や原材料コストの増加分を転嫁したためだが、
これが客離れを招いたそうです。

柳井正会長兼社長は13日の記者会見で
「顧客は生活防衛(意識)になっていて、
値上げをすべき時期ではなかった。
毎日、低価格で買い求めやすくすることが必要だ」と
語ったそうです。

ユニクロのメリットは安さでしたからね。
安くなかったら、他のお店に行きます。
一度、離れた消費者をまた呼び戻すのは
大変ですね。

|

サムスンのスマホの影響

韓国サムスン電子の新型スマートフォ
ン「ギャラクシーノート7」が発火問題で、
生産停止しました。

日本の部品・素材メーカーにも
影響を及ぼす可能性があるそうです。

日本製スマホの世界シェアは低いが、
部品や素材では強い競争力を保ち、
サムスンとも多くの取引があるからだそうです。

スマホ世界首位のサムスンの「失策」は、
日本メーカーの業績を直撃しかねないそうです。

ノート7をめぐっては、TDKがリチウムイオン電池を
供給しているほか、村田製作所やロームなども
部品を納入しているそうです。

村田製作所は「現時点で影響は
出ていない」と説明しているそうです。
日本の部品各社への影響は今のところ
軽微だそうです。

ただ、年度内に「世界1千万台販売」が
確実とみられていたサムスン最上位機種の
生産・販売の打ち切りは厳しいそうです。

日本の企業もリスク分散が必要ですね。

|

倒産件数

東京商工リサーチが2016年度上半期
(4~9月)の全国企業倒産状況を発表したそうです。

倒産件数は前年同期比3.8%減の
4217件と、8年連続で減少したそうです。
バブル景気時の1990年度(3070件)に
次ぐ26年ぶりの低水準にとどまったそうです。

負債総額は同29.2%減の6626億4900万円で、
2年ぶりのマイナス。

年度上半期では1989年度(6696億700万円)以来、
27年ぶりに7000億円を割り込んだそうです。

負債10億円以上の大型倒産が94件
(前年同期比14.5%減)と、1989年度同期の
82件以来、27年ぶりに100件を下回ったそうです。

景気がよいのでしょうか。

政府も補正予算をおこなっています。

雇用もよくなっています。
人手不足が深刻のようです。

|

韓国がTPPに参加

韓国の周亨煥産業通商資源相は10日、
経団連の榊原定征会長らと会談したそうです。

周氏は環太平洋連携協定(TPP)に
ついて「近く参加を公式に決定するので、
その際には、日本の経済界、政府の
協力をお願いしたい」と述べたそうです。
経団連が明らかにしたそうです。

韓国政府はTPPに関し、参加を念頭に
検討を続けていたが、閣僚が公式決定の
方針を示したのは初めてだそうです。

遅すぎますね。

それだけ、韓国の経済が悪くなって
いるのですね。

TPPは、FTAよりも、自由度が大きいです。
韓国は、日本とFTAを結んでいません。
韓国は、日本製品が韓国に入るのを
恐れています。

TPPに入るということは、韓国は
今より日本製品が韓国に入って
きます。

大丈夫なのでしょうかね。
いらぬお世話ですが。

|

アメリカの雇用統計

米労働省が7日、9月の雇用統計(季節調整済み)を
発表したそうです。

非農業部門の就業者数は
前月より15・6万人増となり、
市場予想の17・5万人を下回ったそうです。

この増加幅は、雇用の堅調さを表す一方、
勢いはそれほど強くないことを示しているそうです。

米国の中央銀行にあたる連邦準備制度理事会
(FRB)は、金融政策を判断する際、
「物価の安定」と「雇用の最大化」を重視しているそうです。

年内の利上げに向けて、難しい判断を
迫られそうです。

失業率は5・0%で前月の4・9%から
やや上昇したそうです。

アメリカは、住宅と雇用を重視しています。

雇用がよくなれば、株価もあがります。
今回は、少しよくなかったですね。

利上げは難しいかも知れませんね。

|

セブン&アイ・ホールディングス

セブン&アイ・ホールディングスと
阪急阪神百貨店を傘下に置く
エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングです。

6日、資本業務提携することで
合意したそうです。

H2Oの発行済み株式総数の3%に
相当する約57億円の株式を相互に
持ち合うそうです。

セブン&アイは、傘下のそごう・西武の
立て直しに向け、関西地区の百貨店事業を
H2Oに譲渡するそうです。

H2Oが引き継ぐのは、そごう神戸店(神戸市)、
西武高槻店(大阪府高槻市)、そごう西神店
(神戸市)の3店だそうです。

H2Oの鈴木篤社長は6日、大阪市内で
行った記者会見で「対価を支払い3店を
承継するが、具体的な金額や営業形態、
店舗名を変えるかどうかは未定だ」と
述べたそうです。

百貨店業界は、厳しいですね。
セブンも苦戦しています。
これからも提携などは多いでしょうね。

|

ローソン銀行

コンビニエンスストア3位のローソンが、
銀行業への参入するそうです。

11月に三菱東京UFJ銀行と
準備会社を設立するそうです。

2018年中の参入を目指し、銀行業免許の
取得を金融庁に申請するそうです。

新銀行にはローソンが95%、
三菱東京UFJ銀行が5%出資するそうです。

ローソンは現在、全国の店舗に約1万1000台ある
現金自動預け払い機(ATM)で、提携する銀行の
預金引き出しなどに対応しています。

銀行業への参入で、新たに個人向けの
預金やクレジットカード事業などを展開するそうです。
約80機関にとどまっている地方銀行などの
提携先を増やすそうです。

また、口座を開設した利用者に対し、ローソン商品を
割引したり、ローソン店内のATMで三菱東京UFJ銀行の
利用手数料を無料にしたりすることも検討するそうです。

セブン銀行に続いています。
コンビニも銀行をもつ時代ですね。

|

Jフロント

J.フロント リテイリングです。

4日、2017年2月期の業績予想を
下方修正したそうです。

増収増益計画から一転して減収減益計画となるそうです。
先行き不透明感による節約志向の
高まりやインバウンド消費の不調が
影響しているそうです。

売上げの中心となる百貨店の
業績が計画通り進んでいないそうです。

下方修正の要因となったのは、
インバウンド消費の不振、婦人服を中心とした
中間層や富裕層の落ち込みなどだそうです。

インバウンドは、客数こそ増加しているものの、
客単価の下落が響いているそうです。

上期の免税売上高は、前年同期比58億円
減少し131億円にとどまった。

通期計画についても、前年比24.5%減の
255億円に引き下げているそうです。

もう、中国客の売り上げは望めないでしょうね。
専門店のように、新しい商品を
開発して、新しい需要を作っていくしか
ないと思います。

|

貼るメイク

肌に直接貼るだけでシミを
隠せる「メイクアップシート」が
出たそうです。

パナソニックが「CEATEC JAPAN 2016」
(10月4~7日、千葉・幕張メッセ)に出展するそうです。

ユーザーごとに肌の状態を分析した
結果をもとにメイクシートを作成するそうです。
「“塗る”から“貼る”に、メイクの常識を覆す」
そうです。

ユーザーが鏡台に座ると、ハーフミラーの
向こう側に設置されたカメラが、肌の光の
反射度合いなどからシミや毛穴の位置、
濃さを検知。

それらを隠すためのメイクアップシートを
専用のプリンタが印刷し、ほおに
貼り付けるだけだそうです。

シートの印刷には、有機ELテレビの
表面にフィルムなどを印刷する同社の
技術を転用したそうです。

すごいですね。

メイクの常識が変わりますね。
どのくらい効果があるかですね。
紫外線などに効果があれば、
ヒットするかも知れませんね。

|

チープカシオ

数百円から数千円程度で気軽に
購入できるカシオ計算機の腕時計
「チープカシオ」です。

近ごろ注目されているそうです。

ツイッター、インスタグラムなど
インターネット上のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・
サービス)にも取り上げられ、人気だそうです。

ライバルのシチズンが同価格帯で
展開するブランドにも影響が及び、「チープシチズン」の
呼称も定着しているそうです。

両社とも「宣伝も広告もまったく出していないのに」と
驚きを隠さないが、腕時計の主戦場といえば
数十万円以上の高級時計で、やはり“チープ”では
業績アップにはつながりにくいようです。

確かに、人気になるのはよいですが、
利益が上がるかというのは違いますね。

人気があるのはよいですが、
利益も上げたいですね。

|

厚生年金と健保

厚生年金と健康保険の
加入基準が1日から変わったそうです。

大企業で働くパート労働者ら
約25万人が新たに対象となったそうです。

非正規雇用の短時間労働者の
年金給付を手厚くするのが狙いだそうです。

これまで、厚生年金に加入する
非正規雇用の労働者は、旧厚生省が定めた
「労働時間が正社員の4分の3(週30時間)以上」
という条件に合う人とされてきました。

1日からは、従業員501人以上の
大企業で週20時間以上働き、残業代を除いて
月収8万8000円以上(年収106万円以上)で
あることなどの条件を満たす人が新たに
対象となるそうです。

企業の負担も増えますね。
これで、パートなどで働く人が、
働く時間が短くならないければよいですが。

|

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »