« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

SUV自動車

国内外の自動車メーカーが
スポーツ用多目的車(SUV)を
日本市場で相次ぎ投入しているそうです。

トヨタ自動車は28日、新型の小型SUV
「C-HR」を年末に発売するそうです。

英ジャガー・ランドローバーや独アウディも
新モデルを立て続けに売り出したそうです。

各社は素材の改良やハイブリッド車の
設定で燃費を良くしたり、個性的なデザインを
採用したりすることで差異化につなげ販売の
拡大を目指すそうです。

トヨタはC-HRの日本仕様について、
ガソリンエンジン・電気モーターを組み合わせた
1・8リットルのハイブリッド車と、1・2リットルの
ターボエンジン搭載車を用意したそうです。
価格は未定だそうです。

まず11月上旬から同社公式サイトで
先行予約を始め、12月中に売り出すそうです。

SUVが人気なのでしょうか。
市場は増えているそうです。
自動車全体の市場は増えていませんので
唯一、SUVは増えているのですね。

|

OPEC

石油輸出国機構(OPEC)です。

28日、2008年以来初めて石油生産量を
減らすことで合意したそうです。

主要産油国が足並みをそろえるまで
減産は行なわない立場を堅持してきた
サウジアラビアが態度を軟化させたそうです。

イランのザンギャネ石油相は
「OPECはきょう例外的な決定をした。
2年半をかけて、OPECは市場管理で合意に
達した」と語ったそうです。

同相を含む複数のOPEC加盟国閣僚は、
原油生産を日量3250万─3300万バレル近辺に
削減する計画を明らかにしたそうです。

OPECによると、現在の推定生産量は
日量3324万バレルだそうです。

この減産によって、原油価格が上がって
います。
そして、アメリカの株も上がっています。

でも、アメリカのシェールガスがありますからね。
どこまで原油価格が上がるでしょうか。

|

兼松日産農林

兼松日産農林(東京)は27日、
家庭用マッチ事業の唯一の製造拠点である
淡路工場(兵庫県淡路市生穂)を
来年3月末で閉鎖し、同事業から
撤退するそうです。

業界最大手だが、使い捨てライターの
普及など需要の減少に加え、生産設備の
老朽化が激しく安定供給が難しくなったそうです。

前身の企業から数え、112年の歴史に
幕を下ろすそうです。

「桃印」などの商標は同業の日東社(姫路市)に
譲渡するそうです。
工場の従業員18人は再就職支援などを
行うそうです。

時代が変わっていますね。
マッチもだんだんなくなっています。

|

ビットコイン

仮想通貨「ビットコイン」です。

取引所を運営するレジュプレス(東京)は
26日、新電力と連携して、ビットコインで
電気料金を支払えるサービスを11月から
始めると発表したそうです。

ビットコインで公共料金の
支払いができるサービスは
国内初だそうです。

支払いができるのは、LPガス販売の
三ッ輪産業(東京)の子会社の新電力
「イーネットワークシステムズ」との契約だそうです。

電気料金はビットコインに換算され、
レジュプレスが提供するビットコインの
取引口座から引き落とされるそうです。

ビットコインは普及するでしょうか。
何のメリットがあるのか
よくわかりませんが。

仮想通貨に、注目です。

|

中国のサムスン

サムスンのGalaxy Note 7のバッテリー問題は、
世界最大のスマホ市場である
中国でも、同社の事業の先行きに
大きな不安を投げかけているそうです。

サムスンの中国事業はこの2年悪化が続き、
Canalysによると、サムスンの中国での
シェアは2013年後半の21%から
今年は8%まで落ちたそうです。

サムスンは中国の富裕層が好むような、
アップルやファーウェイに対抗できる
プレミアムフォンを投入できておらず、
中価格帯の製品でもOPPOや
シャオミのような現地勢の
追い上げを受けているそうです。

中国で売れ筋のサムスン端末は、
3,000元(約4万5,000円)以下の
製品に集中しているそうです。

8%ですか。
厳しいですね。
中国の市場は大きいですからね。
そこで、売れないとサムスンは厳しいですね。
今回の問題も足を引っ張っています。

|

東京ガス

東京ガスが格安スマートフォン事業に
参入する方向で検討しているそうです。

「フリーテル」のブランドで格安スマホ事業を
手掛けるプラスワン・マーケティング
(東京都港区)と提携協議をしているそうです。

首都圏の営業網を生かし、年内にも
販売を始めるそうです。

来年4月に都市ガス小売りが全面自由化され、
新規参入企業との競争が始まるそうです。

東ガスは、今年4月に始めた家庭用電力
販売に加え、格安スマホも合わせて
販売することで顧客の囲い込みを狙うそうです。

電力と同じですね。

電力会社も、スマートフォンなどとの
セットをおこなっています。

囲い込みですね。
でも、それで、価格が安くなれば
消費者にとっては、よいことです。

|

BABYMETAL

4月からスタートしたBABYMETALの
ワールドツアーが、9月19日、20日の
東京ドーム2日間の公演で幕を下ろしたそうです。

3人組のキュートな女の子たちでありながら、
いまや海外でも人気は絶大。

同ツアーで、日本人初のイギリス・ウェンブリー
アリーナでのワンマンライブも成功させたそうです。

記事では魅力は、
ステージで人を惹きつけるエンタテイナーとしての、
レベルが高いそうです。

激しいサウンドと高速のリズムに怯むことなく、
音量をキープしたまま歌いあげ、トップギアの
まま体全体で踊り続けることだそうです。

それより、後ろの演奏ですね。

あの、ギター、ドラム、エレクトーンは
すごいです。

あの音楽の演奏がないと、彼女たちは
引き立ちません。

一番は歌や踊りより、演奏だと思いますが。

|

三菱ふそうの新型EVトラック

三菱ふそうトラック・バスです。

21日、ドイツ・ハノーバーで開幕する
世界最大の商用車ショー
「IAA国際モーターショー」に先立ち、
報道陣に新型電気トラック「eキャンター」を
世界初公開したそうです。

走行中に温室効果ガスを排出せず、
排気音もない電気自動車(EV)の
特性を生かし、来年中に市街地の
商品配送向けに納入を始めるそうです。

eキャンターは容量13・8キロワット時の
リチウムイオン電池を3~5個搭載。

5個搭載した場合、最長で1日100キロを
走行できるそうです。
車両総重量は7・5トンで、積載量は2~3トン。
電池を減らして積載量を増やすなど
用途によって変更できるそうです。

トラックも電気自動車になってゆきますね。
配送などが、電気になると、ガソリンの使用は
かなり減るでしょうね。

|

セブンイレブン

コンビニエンスストア国内首位の
セブン―イレブン・ジャパン(東京)です。

古屋一樹社長はインタビューに応じ、
米国子会社の出店戦略に関し、
「今の8500店舗を(将来的には)2万店まで
拡大できる」との見通しを示したそうです。

2005年に米セブン―イレブンを完全子会社化し、
人事交流を進め、日本流の商品開発や
サービス手法を浸透させた結果、
出店を加速する準備が整ったそうです。

米国の出店計画などは現地子会社に
裁量権があるが、古屋社長は「商品改善が進み、
顧客層がこれまで比較的多かった低所得者から
中流階級にも広がりつつある」と指摘。

その上で「1店舗当たりの1日の売上高は
現在、平均50万円程度だが、80万~90万円
ぐらいまで増やせる」と強調したそうです。

本家で、店舗を拡大しているのですね。
すごいですね。
商品力などのノウハウが優れて
いますからね。

アメリカでどれだけ伸ばせるか
注目です。

|

中国での信用供与

国際決済銀行(BIS)は、中国での
信用供与は異例の伸びを示しており、
3年以内に銀行危機に陥るリスクが
高まっているとの見方を示したそうです。

金融の過熱を示す
早期警戒指標である国内総生産(GDP)に
対する総与信のギャップ(credit-to-GDP gap)です。

BISの報告によると、第1・四半期に30.1に
なったそうです。
10を上回ると危機が「3年以内に
発生する」シグナルとなるそうです。

これはBISが評価した中で最も高く、
2位のカナダ(12.1)も大きく上回っているそうです。

シャドウバンキングなどの問題も
あります。
中国も、どうなっているのか
注意が必要ですね。

|

ポケモンGOプラス

任天堂と関連会社のポケモンです。

17日、スマホと連動してゲームを
楽しむ「ポケモンGOプラス」についてです。

次回の出荷は11月上旬になるそうです。

16日に発売したが、売り切れる店が
相次いでいたそうです。
次回出荷までは正規ルートでは
販売できないため、品不足は
しばらく続きそうだということです。

ポケモンGOプラスは、ボタン操作で
ポケモンを捕まえることができる端末だそうです。

全国の「ポケモンセンター」など
23店で扱ったが、朝から行列ができたところも
あって、17日までに全店で完売したそうです。

ポケモン社のインターネットサイトや、
通販大手のアマゾンでも売り出したが、初回分は
なくなったそうです。

人気になっているそうです。

こういう周辺機器もどんどん売れますね。
世界中ですからね。
すごいですね。

|

NYダウ

週末16日のニューヨーク株式相場です。

方向感に乏しい中、原油安や金融株安が
重しとなり反落しました。

優良株で構成するダウ工業株30種平均は
前日終値比88.68ドル安の1万8123.80ドルで
終了しました。
ハイテク株中心のナスダック総合指数は
同5.12ポイント安の5244.57でした。

ニューヨーク証券取引所の出来高は
前日比13億2035万株増の21億6282万株。

ダウは欧州株安の流れを引き継ぎ、
売り優勢で開始。朝方発表された8月の
消費者物価指数(CPI)は市場予想を
上回ったが、前日に小売売上高や
鉱工業生産指数など弱い経済指標が
相次いだことから、相場への影響は
限定的だったそうです。

乱高下ですね。
日本も同じですが、なかなかあがりません。

|

サムスンとシャープ

韓国サムスン電子です。

日本法人が保有していたシャープの
株式を全て売却していたそうです。

シャープとサムスンは2013年に
資本提携し、サムスンが103億円で
シャープ株式の約3%を取得して
第5位の大株主となったそうです。

8月に台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業
グループがシャープを子会社化した
こともあり、持ち株を手放したそうです。

サムスンは、シャープと提携したかった
ようですが、ホンハイが子会社にしました。

もう株をもつ意味がありませんね。

それにしても、なかなかシャープの業績がよく
なりませんね。

|

iPhone7

米アップルの新型スマートフォン
「iPhone(アイフォーン)7」と「7プラス」が
16日発売されるそうです。

アイフォーンは日本では人気が高いが、
世界市場ではライバルの韓国サムスン電子や
中国メーカーに押され、シェアを落としているそうです。

かつての威光が衰える中、部品を供給する
日本メーカーへの波及効果も限定されそうです。

アイフォーンシリーズは2015年には世界で
2億3150万台を売り上げ、特に日本では
5割を超えるシェアがあるそうです。

今回の7も「(電子マネーが使える)『フェリカ』搭載の
威力は大きい」そうです。

一方、世界市場については「マイナーチェンジに
とどまり、購入を見送る人も多いそうです。
世界販売は(昨年発売した)6Sを下
回るのでは」可能性もあるそうです。

アイフォーンには多くの日本企業が部品を
供給しており、その販売動向は業績を
左右するそうです。

過度に依存しすぎていますね。
もっと、他の商品も開発する必要が
ありますね。

|

CoCo壱番屋

通称“ココイチ”こと、「カレーハウス CoCo壱番屋」です。

売上高は6期連続で増収、営業利益・
経常利益・当期利益は3期連続増益だそうです。

ともに過去最高だそうです。
店舗数は5月末で、国内1282店、
海外162店の計1444店。

カレー専門店の圧倒的シェアを握っており、
2位以下は80店に満たない状況だそうです。

実は、そんなココイチが近年“マンガ”に
力を入れ始めているそうです。

2010年頃からココイチでは、店舗の
快適性向上を目的にマンガを
設置し、順次拡充しているそうです。

ココイチが念頭に置いたのは、ランチと
ディナーの間のアイドルタイムの
集客だそうです。

午後の3時~5時くらいまでの顧客が
途切れる時間帯に、喫茶店ように
使ってもらえないかということです。

なかなかすごいですね。
よいかも知れません。
注目ですね。

|

北海道観光

台風10号など北海道を襲った
一連の台風による被害は、道内の
観光業にも影響を及ぼしているそうです。

各地で通行止めや鉄道の
運休が続いているそうです。

イベントや観光ツアーの中止、宿泊の
キャンセルが相次ぎ、関係者は秋の
かき入れシーズンを前に頭を
痛めているそうです。

一方、被害を受けた施設では、
徐々に復旧の動きも見え始めた。

そばの産地として知られる新得町では、
約3万人の来場を見込んで19~25日に
開催予定だったイベント「日本そば博覧会」が
中止になったそうです。

会場の地区では9月いっぱい断水が続く
予定で、そばをゆでる水を確保するのが
困難だそうです。

今回の台風の被害は大きいですね。
昔は、北海道には台風は上陸しませんでしたが
これからは、違いますね。
北海道も台風対策が必要ですね。

|

九州ふっこう割

九州ふっこう割です。

熊本地震の被害を受けた九州に
観光客を呼び込もうと、国の補助で
旅行商品が割引となる「九州ふっこう割」です。

第2期分(10月1日~12月28日の宿泊対象)の
販売受け付けが9日から始まったそうです。

第1期(7~9月)は割引率が最大70%だったが、
第2期では熊本・大分への旅行だと最大50%、
他の5県は同40%になるそうです。

第1期では購入希望者が殺到したため、
第2期では一部商品を先着順から
抽選方式に切り替えるそうです。

旅行商品は第1期と同じく、インターネットの
旅行予約サイト、旅行会社の窓口、
コンビニエンスストアで販売するそうです。

コンビニで扱う「九州ふっこう割宿泊券」は、
指定ホテル・旅館で気軽に使用できるため
特に人気で、先着順で販売した第1期では
直ちに完売。

「不公平だ」など苦情が相次いだそうです。

このため第2期ではこの宿泊券を抽選とし、
佐賀、鹿児島を除く5県が、9日から郵便
(熊本のみ)、専用ダイヤル、ネットで
受け付けるそうです。

九州ふっこう割で、かなり観光客が
増えたそうです。
その第二弾です。
観光客が増えればよいですね。

|

ムーヴ キャンバス

ダイハツ工業は9月7日、「ムーヴ」シリーズの
派生モデルとなる新型軽自動車
「ムーヴ キャンバス(MOVE canbus)」を
発売したそうです。

価格は118万8000円~166万8600円だそうです。

帆布を表わすキャンバスという言葉に、
「CAN(何でもできる)」「BUS(ミニバスの
ようなデザイン性)」という意味合いを
付け加え、暮らしの可能性を広げられる
クルマを表現する車名がつけられた
そうです。

ムーヴ キャンバスは、3395×1475×1655mm
(全長×全幅×全高)というベース車の
ムーヴより25mm車高が高いボディ
(ホイールベースはムーヴと同じ2455mm)に、
全高1700mm以下の軽自動車で初めて
両側スライドドアを採用したそうです。

デザイン性と機能性を両立した新感覚の
スタイルワゴンだそうです。

軽自動車も売り上げが落ちて
いますからね。
新製品で、新しい顧客を取り込もうと
しています。

ヒットするでしょうか。
注目です。

|

サウジアラビア

サウジアラビアは総額200億ドル
(約2兆500億円)を超えるプロジェクトを
白紙に戻す方向で検討しているそうです。

サウジ政府は総額約2600億リヤル
(約7兆1000億円)と評価される数千件の
事業を見直しており、このうち3分の1を
取りやめる可能性があるそうです。

世界最大の石油輸出国であるサウジアラビアは
これまで、燃料や公益事業への助成を減らすなど、
財政赤字の抑制で前例のない措置を
講じてきたそうです。

昨年の財政赤字は対国内総生産(GDP)比で
16%に拡大。国際通貨基金(IMF)は2017年の
赤字は対GDP比で10%を割り込むと
予想しているそうです。

原油価格が下がっていますからね。
利益も減っています。

このまま原油価格は、あがらないでしょうからね。
以前とは、雲泥の差です。

|

G20

世界経済の成長促進に向け効果的な
計画をまとめるため当地で開幕した
20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)です。

中国の過剰な鉄鋼生産を巡る
厳しい指摘が課題を浮き彫りに
する形になったそうです。

中国の習近平国家主席が4日、開会を
宣言する数時間前には、欧州のある政府高官が
過剰な鉄鋼生産について「中国に特有の状況に
伴う世界的問題」だと指摘したそうです。

5日に採択されるG20共同声明には、
成長や貿易、投資などの経済動向や、
グローバル化の恩恵に対する信頼感の
低下といった問題を立て直す決意が
盛り込まれるそうです。

中国経済の減速に伴い、同国の
過剰生産問題は徐々に他国にも影響しているそうです。

中国は向こう数年で1億~1億5000万トンの
鉄鋼生産を削減する目標を掲げているが、
業界団体の推計によれば同国は世界の
生産の50%を占めており、これでは過剰生産の
約3分の1しか解消されないそうです。

中国も、改革を進めるのが厳しそうですね。

|

民進党の代表選

毎日新聞は3、4両日、全国世論調査を
実施したそうです。

今回の全国世論調査では、15日に
投開票される民進党代表選についても
聞いたそうです。

新しい代表にふさわしい候補として
蓮舫氏を挙げたのは32%で最も多く、
前原誠司氏が19%、玉木雄一郎氏が
4%の順だそうです。

「関心がない」は34%だったそうです。

民進支持層では蓮舫氏が61%で、
前原氏の20%、玉木氏の7%に
大きく差をつけたそうです。

自民支持層の37%、「支持政党はない」と
答えた無党派層の39%は「関心がない」と答え、
3氏のいずれよりも多かったそうです。

やっぱり政策ですね。
誰が代表になっても、きちんと政策を
出すことが重要です。
今の、民進党では厳しいですね。

|

PCデポ

ピーシーデポコーポレーションです。

野島隆久社長は1日、インタビューに応じ、
高額なサポート契約が高齢者を狙った行為と
インターネット上で批判された問題について
発言していあmす。

「そのような営業指示を出したことはない」と
語ったそうです。
その上で、組織ぐるみの行為ではなく、
特定の店舗と顧客の間に生じた契約上の
問題との認識を示したそうです。

野島社長は高額サポート契約問題に関し、
「経営者である私の責任だ。経営体制を含め、
調査検証を進める」と強調したそうです。

でも、高齢者への必要でない高額契約が
あったのは事実ですからね。
なぜ、こういう契約になったのか
きちんと検証することが重要です。

少なくとも、かなりの人はPCデポには
行かなくなりますね。

|

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »