« 東芝の業績 | トップページ | パナソニック »

セブンイレブン

コンビニエンスストア国内最大手の
セブン―イレブン・ジャパンです。

2018年に沖縄へ進出し、県内全域で
300店規模の店舗体制を目指して
いるそうです。

進出の早い段階で、一定のシェアを獲得し、
物流の効率化やブランド浸透を図るそうです。

沖縄ファミリーマート、ローソン沖縄が併せて
460店(2月現在)を運営する中、一気に
店舗数が増大することになり、
県内業界の競争の激化が
予想されるそうです。

セブンは全国の各地域で、シェア35%を
目標にしており、県内では300店舗が
必要になるそうです。

300店は、すごいですね。

競争が激しくなります。
コンビニだけではなく、スーパーなども影響を受けますね。

|

« 東芝の業績 | トップページ | パナソニック »

経済・政治・国際」カテゴリの記事