« NYダウ | トップページ | 東京都知事選 »

東芝の半導体

東芝です。

成毛康雄副社長は、半導体メモリー事業の
2016年4―9月期業績について「当初計画の
営業利益50億円から上振れる公算が
大きい」との見通しを示したそうです。

中国でスマートフォンの大容量化が
急激に進んでおり、販売が好調に
推移するそうです。

同期の営業利益率は10%弱となる見通しで、
これまでのメモリー事業の利益率に
近づくことになるそうです。

今後、為替相場が安定し、過度に
円高が進まなければ、通期業績も
上振れる可能性があるそうです。

東芝は17年3月期のメモリー事業で、
営業利益率3・3%を計画するそうです。

従来、同事業の営業利益率は
約10―30%で推移してきたそうです。

上振れだといいですね。
円高が影響するのですね。
円安になればよいですが。

|

« NYダウ | トップページ | 東京都知事選 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事