« 南シナ海問題 | トップページ | シニア起業 »

PC市場

IT調査会社の米ガートナーが
2016年のPC出荷台数予測(世界)を
発表したそうです。

2億3200万台だったそうです。

2015年に比べると約5000万台の減少だそうです。

そして、2012年の3億4300万台に比べると
32%減と、約3分の2の規模にまで
落ち込むことになるそうです。
わずか4年で1億台以上も減っているそうです。

販売金額では、2012年の2190億ドルに比べて、
45%減となる1220億ドルと、半分近くまで
縮小しているそうです。

低価格向けの製品へと売れ筋がシフトして
いるそうです。

PCメーカーにとっては収益確保が
厳しい状況だそうです。

市場低迷の理由は、先進国市場での需要が
頭打ちになったのに加えて、新興国の
景気低迷などが原因だそうです。

スマートフォンなどの影響でしょうか。
時代が変わっていますね。

|

« 南シナ海問題 | トップページ | シニア起業 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事