« トンボ | トップページ | 円高 »

増税延期

毎日新聞の記事です。

消費税率10%への引き上げが
2年半延期されることで、国と地方で
計1000兆円を超える巨額の債務を
抱える財政の一段の悪化は
避けられないそうです。

国と地方を合わせた債務残高は
過去10年、年30兆円前後のペースで
増え続け、2014年度に1000兆円を
突破したそうです。

国内総生産(GDP)に対する比率は2倍を超え、
先進国で最悪の水準だそうです。

財政赤字で危機に陥ったギリシャ(15年に1.9倍)より
悪いそうです。

少子高齢化で社会保障関係費が
膨らんでいるのが主因です。

政府は毎年の予算編成で過去の債務を
借り換えるのに手いっぱいで、根本的な債務削減は
ほぼ手つかずだそうです。
それでも、日銀や国内金融機関が国債を
購入し続けているため、財政破綻が
避けられているそうです。

消費税を上げて、景気が減速したら、
そっちのほうが大変です。

今の借金は、国民から借金しているのです。
借金は1000兆円ありますが、貯金だって
1200兆円あります。
そして、海外にも資産があります。
他の国からではありません。
ギリシャとは違います。
だから、こんな予算編成が出来るのです。
結局、国民の貯金は、国債になっているのです。

新聞やマスコミは、何故こんなに借金があっても
やっていけるのかをきちんと説明する必要が
あります。
批判をしたり不安をあおるだけなら
誰でも出来ます。

|

« トンボ | トップページ | 円高 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事