« 吉野家 | トップページ | スコットランド »

日銀

日銀は28日、金融市場にドル資金を
供給するオペレーション(公開市場操作)を
実施したそうです。

応札額は14億7500万ドル(約1500億円)と、
日本国債の格下げでドル調達不安が高まった
2014年12月24日(15億2800万ドル)以来の
高水準になったそうです。

英国の国民投票で欧州連合(EU)離脱派が
勝利したため金融市場に動揺が広がっており、
基軸通貨のドル不足への警戒感が
強まっていることが背景にあるそうです。

英国のEU離脱派勝利を受け、金融市場では
比較的安全な通貨とされるドルを
手元に確保しようとする動きが広がり、
市場でドルの不足感が出ているそうです。

今回のイギリスのEU離脱で、ドル不足が
あるのですね。
日銀も、動いているようですね。

対策が早いのはよいことです。

|

« 吉野家 | トップページ | スコットランド »

経済・政治・国際」カテゴリの記事