« 災害復旧 | トップページ | 大手百貨店 »

景況感

毎日新聞は1日、主要企業121社を対象にした
景気アンケートをまとめたそうです。

景気の現状について、70%(85社)の
企業が「踊り場にある」と回答したそうです。

「緩やかに後退している」という回答も10%
(12社)に上り、いずれも今年1月にまとめた
前回のアンケートより増加したそうです。

中国の景気減速や、年初からの円高・株安の
進行などで、停滞感が強まっていることが
鮮明になったそうです。

年初に1ドル=120円台だった円相場は
アンケート実施期間中に107円台まで
上昇しました。

「輸出産業を中心に業績に不透明感が出ている」
(運輸)との見方が多かったそうです。

「新興国経済の低迷、個人消費の停滞」(化学大手)を
景気足踏みの理由に挙げる企業も目立ったそうです。

また、回答期限の直前に熊本地震が発生し、
「企業活動の停滞が予想される」(ダイキン工業)と、
生産などへの影響を懸念する回答が
複数あったそうです。

いろいろ重なっていますね。
景気の上昇は厳しそうですね。


|

« 災害復旧 | トップページ | 大手百貨店 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事