« 川谷の元妻 | トップページ | オールド・ネイビー »

機械受注

内閣府が19日、3月の機械受注統計
(季節調整値)を発表したそうです。

民間設備投資の先行指標となる
「船舶・電力を除く民需」の受注額は
前月比5.5%増の8951億円となり、
2カ月ぶりに増加したそうです。

造船業などで大型受注があり、
製造業がけん引したそうです。

基調判断は「持ち直しの動きがみられる」に
据え置いたそうです。

1~3月期では前期比6.7%増となり、当初見通し
(6.4%増)を上回ったそうです。

一方、4~6月期は3.5%減と、3四半期ぶりの
マイナスを見込んでいるそうです。

円高・株安を受け、企業が設備投資に
慎重になった可能性があるそうです。

海外の景気がよくないですからね。
厳しいですね。

|

« 川谷の元妻 | トップページ | オールド・ネイビー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事