« 韓国の労災 | トップページ | 川谷の元妻 »

スズキ

スズキの2016年3月期決算会見です。

同社の主力である4輪車部門の
販売台数は前年度比でほぼ横ばい
だったものの、最大市場のインドでは
11.5%増加したそうです。
過去最高の130.5万台を記録したそうです。

質疑応答で鈴木修会長は、軽自動車が
白モノ家電の二の舞になることを懸念していたそうです。

今後はシェアにはあまりこだわらず、
1台1台を大切に売っていく考え方に
シフトしていきたいそうです。

またスズキは2019年度までの5年間に
おける中期経営計画のひとつに掲げていた
国内登録車販売10万台の目標を、
16年度中に達成するそうです。

そのスズキが今年に入ってから発売した
新型車「イグニス」と「バレーノ」は、いずれも
軽自動車ではなく、小型乗用車だそうです。

軽自動車から小型車に
移っているそうです。

|

« 韓国の労災 | トップページ | 川谷の元妻 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事