« 太洋社が破産 | トップページ | マクドナルド »

日銀短観

日銀が1日、3月の全国企業短期経済観測調査
(短観)を発表しました。

企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は、
大企業製造業がプラス6と昨年12月の
前回調査を6ポイント下回り、
2四半期ぶりに悪化したそうです。

中国をはじめとする新興国経済の
減速や円高を受け、「鉄鋼」や
「電気機械」、「自動車」などの
業種を中心に企業心理が
冷え込んでいるそうです。

業況判断指数は、景況感が「良い」と
答えた企業の割合から「悪い」の割合を
差し引いた値です。

中国景気が悪くなっていますね。

アメリカも一進一退です。

日本も、景気対策が必要かも知れませんね。

|

« 太洋社が破産 | トップページ | マクドナルド »

経済・政治・国際」カテゴリの記事