« シャープ | トップページ | 28年度の業績見通し »

ビール類の出荷量

ビール大手5社が12日、平成28年1~3月期の
ビール類(ビール・発泡酒・第3のビール)の
課税出荷量を発表しました。

前年同期比3・8%減の8068万
ケースだったそうです。

1~3月期としては、平成4年の統計開始以来、
過去最低となったそうです。

前年実績を下回るのは2年連続だそうです。
消費者の嗜好の多様化や少子高齢化を
背景に、需要の減少傾向に歯止めが
かからなかったそうです。

全体の約5割を占めるビールが1・1%減の
3934万ケース、第3のビールは4・2%減の
2964万ケースとともに2年連続の
マイナスだそうです。
発泡酒は11・1%減の1169万ケースと
3年ぶりに前年実績を下回ったそうです。

12日までにビール大手4社が公表した
1~3月期の販売状況によれば、
アサヒビールが3%増、
サントリービールが約3%増、
サッポロビールが約1%増と3社が
増加したそうです。

一方、キリンビールは11%減と
独り負けになったそうです。

販売減少も厳しいですし、競争も
激しいですね。
ビール業界も多難です。

|

« シャープ | トップページ | 28年度の業績見通し »

経済・政治・国際」カテゴリの記事