« シャープ | トップページ | 太洋社が破産 »

クリスピー・クリーム・ドーナツ

クリスピー・クリーム・ドーナツが

「行列ができるドーナツ店」として
人気を集めていたそうです。
15年11月時点で全国に64店舗を
展開していたが、4月以降は
47店舗になるそうです。
一連の撤退が市場から追い立てら
れたものではなく、「意志ある撤退」
だそうです。
上陸直後、期せずして大きなブームが
起きて、『行列のできるドーナツ店』という
枕詞がつくブランドになったそうです。
成長を遂げてきたのですが、
はやりはいつか終わります。
20年、30年と愛されるブランドに
なるためには、今のうちに事業運営を
抜本的に見直さなければ日本に
長く残れないそうです。
日本では、コンビニが強いですから、
ミスタードーナツも苦戦しています。
同じですね。
これから成長できるかですね。

|

« シャープ | トップページ | 太洋社が破産 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事