« 新プリウス | トップページ | 大卒就職内定率 »

横流し問題

壱番屋が廃棄を委託した業務用の
冷凍カツなどが産業廃棄物処理業者に
よって横流しされた事件です。

ダイコー側が「異物混入とは聞いていない」と
説明しているそうです。

廃棄を委託した壱番屋は
「引き渡しの際、『異物混入の疑いが
あるから、処分してほしい』などと
理由は伝えている」(広報担当者)と
反論しているそうです。

壱番屋は2014年以降、ダイコーに
60万枚近いカツ類の廃棄を委託。

大半は異物混入や汚れ付着の恐れが
理由で、「規格外というのはダイコーの
勝手な判断」としているそうです。

どちらが正しいのでしょうか。

壱番屋が廃棄にお金を払って
いるか、無料なのか知りたいですね。

そうしたら、どちらが正しいか
わかりますね。

|

« 新プリウス | トップページ | 大卒就職内定率 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事