« SMAPが解散 | トップページ | マクドナルド »

中国経済

13日の上海株式市場は大幅反落し、代表的な
指標の上海総合指数は、心理的な節目と
なっている3000を終値で割り込みました。

13日に発表された2015年の
貿易統計が6年ぶりに前年実績を下回り、
中国経済の先行きに対する投資家の
不安感が一段と深まったそうです。

01年12月、日本の支援で世界貿易機関
(WTO)に加盟して以来、貿易は中国にとり
最強の成長エンジンだったそうです。

原材料や部品を輸入して人海戦術で
安価に組み立て、洪水のように輸出する
加工貿易で「世界の工場」と呼ばれました。

WTO加盟から15年を迎える前に
終焉(しゅうえん)に向かっているそうです。

輸出の減少は、人件費高騰や
労使紛争の頻発などで、製造業の
国際競争力がそがれたそうです。

反日もありますね。
日本企業は、どんどん撤退しています。

もう魅力はなくなりました。
中国は、自力で、新しいビジネスを
おこなう必要があります。

|

« SMAPが解散 | トップページ | マクドナルド »

経済・政治・国際」カテゴリの記事