« 携帯料金 | トップページ | 超音速旅客機 »

テレビの広告

在京キー局のスポット広告が冴えないそうです。

今年4月はかろうじて前年同月並みの
水準を確保したが、5月は同6%減収、
6月も10%減の見込みだそです。

上場するテレビ局5社合計の
今2016年3月期上期のスポット広告収入は
前年同期比1%増にとどまっているそうです。

4~6月期の進捗を考慮すると、
上期は厳しいそうです。

原因は、円安による内需企業の業績悪化
だそうです。

製造拠点を海外に持たない
メーカーにとって円安は逆風で、
特に白物家電製品だそうです。

第二にHUT(総世帯視聴率)の
低下だそうです。

バラエティ番組ばっかりですからね。
テレビを見なくなります。

テレビも逆風ですね。

|

« 携帯料金 | トップページ | 超音速旅客機 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事