« テレビの広告 | トップページ | ペッパー »

超音速旅客機

国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)が
試験飛行に成功しました。
新時代の扉を開けた日本の航空機です。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、
その先にある未来の機体について
研究を進めているそうです。

超音速旅客機や電動航空機などです。

超音速機として名高いコンコルドは
英国とフランスが共同開発し、
1969年に初飛行しました。
夢の旅客機として脚光を浴びたが、
激しい騒音や燃費の悪さから
2003年に退役しました。
JAXAはその復活をかけて
研究を続けているそうです。
最大の懸案である騒音の正体は、
機体の先端や後端で空気が
圧縮されて起きる爆発のような
衝撃音です。
これを大幅に減らす設計を考案したそうです。
今年7月の無人機によるマッハ1・39の
飛行実験で、機体の先端と後端の両方で
衝撃音を低減させることに世界で初めて
成功したそうです。

日本でも、超音速旅客機が
出来ればよいですね。
戦闘機にも応用できます。

|

« テレビの広告 | トップページ | ペッパー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事