« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

ブりジストン

ブリヂストンです。

米自動車用品小売り大手ペップ・
ボーイズ・マニー・モー&ジャック買収に
ついてです。

米著名投資家カール・アイカーン氏による
最新の買収提案への対抗案は

出さないと発表したそうです。

ペップ社については、ブリヂストンと

アイカーン氏の買収合戦になっており、
ブリヂストンが24日に買収額を
1株17ドルに引き上げたのに対し、
アイカーン氏は28日、同18.50ドルに
上積みしたそうです。

アイカーン氏による買収価格の
引き上げを受けて、ペップ・ボーイズは
28日、以前に受け入れで合意していた
ブリヂストンの案よりも優位な内容と
判断したそうです。

ブリヂストンとの合意を破棄する
意向を示していたそうです。

仕方ないですね。
もっと、価格をあげると思ったのでしょうか。
ブリジストンも、他の企業を探した方が
よいですね。

|

USJが値上げ

大型テーマパーク、ユニバーサル・

スタジオ・ジャパン(USJ)です。
運営するユー・エス・ジェイ(大阪市)は
28日、入場券に当たるスタジオ・パスの
料金を来年2月1日から値上げするそうです。
1日券は税込みで大人(中学生以上)が
7200円から7400円、65歳以上のシニアが
6470円から6650円に上がるそうです。
USJの料金値上げは今年1月末以来だそうです。
障害者向けの割引料金や団体料金なども
引き上げるそうです。
4歳から小学生までの子供料金は1日券が
税込み4980円など全ての券種で据え置くそうです。
また値上げですか。
高いですね。
高くても行くから、USJも強気ですね。
大阪に。他にもテーマパークがあれば
もっと値段がさがるのでしょうけどね。

|

スターバックス コーヒー ジャパン

スターバックス コーヒー ジャパンです。

米国本社のTOB(株式公開買い付け)で、
完全子会社化されたそうです。

前2015年3月期は売上高1378億円、
純利益80億円といずれも過去最高を
記録したそうです。

上場廃止後も既存店売上高は前年比で
プラスが続いているそうです。

牽引役は夏場に売れる氷菓飲料の
「フラペチーノ」だそうです。

特に季節限定の商品が好調に
推移しているそうです。

2015年7月に発売したピーチの
フラペ商品は1日あたり1店舗で
380杯提供したそうです。
全国のスタバで40万杯を売った
ことになるそうです。

コンビニにも負けないのは、
人気のある商品があるのですね。
やっぱり、差別化が必要ですね。

|

大人のひきこもり

大人のひきこもりが
増えているそうです。

これまで「ひきこもり」というと、

不登校の延長にある学校卒業後の
「若者の問題」として語られることが
多かったそうです。
しかし、ひきこもり中核層は確実に、
その存在が見えにくいまま、長期化・
高年齢化してきているそうです。
もはや、こうした状態にある本人たちの
ことを「若者」だけで語れないし、
選別が行われてきたことによって、
深刻な当事者ほど、ますます
水面下に追いやられる弊害を
うみだしているそうです。
現実には、部屋や家から外出できるか
どうかで線引きすると、本質を見誤るそうです。
なぜなら、本人たちの多くは、コンビニや
図書館などへは外出しているそうです。
河川敷をよく散策している人も意外と多いそうです。
社会生活が出来ていないのでしょうか。
だんだん、問題が複雑になっていますね。

|

ビックカメラの福袋

ビックカメラです。

来年の元日に配送予定だった
福袋の販売を休止するそうです。

デジカメやブルーレイレコーダー、
美容関連商品など3000円台から
10万円台までの福袋だそうです。

自社のネット通販サイト「ビックカメラ.com」で
25日午前9時から販売を開始しましたが、
アクセスが集中して購入できない
状況が続いたためだそうです。

次回の販売については未定だそうです。

そういうこともあるのですね。
そんなに、人気のある福袋なのでしょうか。

|

東京ガスの電気料金

東京ガスです。

24日、2016年4月から始まる
家庭向け電力小売り自由化に
向けた料金プランを発表したそうです。

「電力使用量がおおむね月300キロワット時を
上回る世帯で、東京電力の一般的な
現行料金より安くなる」(東ガス)そうです。

電力消費が多い家庭の取り込みを狙い、
16年1月4日から首都圏で受け付けを

始めるそうです。

東ガスの料金プランは、使用量が増えるほど、

東電の一般家庭向け料金よりも
割安になるそうです。

ガスと電気のセット契約で、基本料金を
月250円割り引くサービスも導入するそうです。

東電契約者の平均的な使用量は
290キロワット時だが、平均使用量を
上回る世帯は、東ガスの方が割安に
なる可能性があるそうです。

いいですね。
電気料金は、高いですからね。
安くなれば、代えますね。
どんどん競争が激しくなって
安くなればよいですね。

|

アマゾン

ネット通販大手のアマゾンです。

刊行から一定期間を過ぎた一部の
本の値引き販売を始めたそうです。

本は再販売価格維持制度に基づく
定価販売が普通です。

出版社から“要望”のあった本の
値引き販売は認められているそうです。

ただ、参加するのは1社のみだそうです。

出版界の慣行を揺さぶる「黒船」への
警戒感は根強いそうです。

参加するのは筑摩書房だそうです。
「フローベール全集」など8タイトルで、
当面は来年1月中旬ごろまで定価の
2割を値引きするそうです。

日本には、多くの書店がありますからね。
もし、ネットで安く購入できれば、皆
ネットで注文します。

難しいですね。

|

日本マクドナルド

日本マクドナルドです。

米マクドナルドが、筆頭株主として

約50%を握る日本マクドナルドホール
ディングス(HD)の株式の一部売却を
検討しているそうです。
国内外の投資ファンドや大手商社に
打診したもようで、外部の資本と
ノウハウを活用し、低迷が続く
日本事業の早期再建を急ぐとともに、
ブランドイメージの一新を図る考えだそうです。
売却株数や金額などの詳細は今後、
詰めるそうです。
最大33%を売却する可能性もあり、
45年間続いた米本社主導の経営を
抜本的に見直すそうです。
信頼回復に向け、品質情報の開示や
メニューの見直しなどに取り組んで
いるそうです。
既存店客数は11月までに31カ月
連続で前年実績を下回り、
客離れに歯止めがかからないそうです。
今までのやり方では、難しいでしょうね。
赤字から、回復しません。
他の企業のノウハウが必要なのかも
しれませんん。

|

中国経済

中国共産党と政府が2016年の

経済運営の基本方針を決める
「中央経済工作会議」を開いたそうです。
21日、「積極的な財政政策をさらに
力強く実行する」と、景気の下支えを
目的とした財政出動の拡大と減税を
行う姿勢を打ち出し、閉幕したそうです。
財政赤字の緩やかな拡大を容認し、
公共投資など財政政策の強化に
言及したのは、従来型産業の整理など
構造改革を進める一方で、減速に
歯止めがかからない中国経済への
危機感を反映したものだそうです。
中国経済が、世界に影響を
与えています。
中国もいろいろやっているようですが、
なかなか、よくなりませんね。
大きくなりすぎましたね。
かじがとれなくなっています。
どうなるのでしょうか。

|

アメリカの原油輸出

米国が原油輸出の解禁に踏み切りました。

石油輸出国機構(OPEC)など
既存の輸出国との市場シェア
争奪戦が激しくなるそうです。

シェールオイルの開発で在庫が
積み上がっている米国の生産者に
とって新たな市場が開けることは
朗報だそうです。

今後の価格動向によっては長期的な
増産につながる可能性があるそうです。

ただ、米国産原油の輸出急増には
懐疑的な見方が強く、短期的な影響は
限定的との指摘も多いそうです。

オイルショックのときには、アメリカは
原油の輸出をストップしましたからね。
どうなるかは、わからないそうです。

原油価格が下がるのは良いですが、
注目ですね。

|

相場

黒田日銀が再び市場の意表を突いた

緩和策は影響はなかったそうです。
上場投資信託(ETF)の新たな買い入れ
枠設定など量的・質的金融緩和(QQE)の
強化策を打ち出したそうです。
マネタリーベースの目標額は据え置き。
市場は追加緩和なのかどうか迷い、
日本株やドル/円は乱高下したそうです。
日本経済に与える効果も疑問視され、
金融政策の手詰まり感がより鮮明に
なってしまったとの指摘が市場で
広がっているそうです。
日本株が下落しましたね。
失望でしょうか。
アメリカも下落しています。
アメリカは利上げをしました。
今後の展開はどうなるのでしょうか。

|

リニア中央新幹線工事

平成39年に品川-名古屋間で

先行開業を目指すJR東海の
リニア中央新幹線です。
17日、着工から1年を迎えたそうです。
18日には南アルプスを貫くトンネルの
山梨工区で本格的な工事に着手するそうです。
同日は工事拠点となる山梨県早川町で、
安全祈願の神事が行われるそうです。
同トンネルの本格的な掘削工事は
来年春に始まり、10年後の37年度まで
続く計画だそうです。
安全な工事の推進と環境への配慮の
両立が問われているそうです。
でも、こういう大変な工事を経験することで
技術が蓄積されます。
技術の進歩が進みます。
着実にリニア工事が、進んでいます。

|

マンションの平均価格

首都圏のマンションの平均価格です。

不動産経済研究所が発表したそうです。

大型高級物件の販売が相次いだため、
約24年半ぶりに6000万円を突破したそうです。

11月の首都圏のマンション価格は
6328万円だったそうです。

1年前よりも1104万円アップしたそうです。

6000万円を超えるのはバブル末期の
1991年6月以来、約24年半ぶりだそうです。

東京・港区で平均2億6000万円の
マンションが152戸完売するなど
都心で大型高級物件の販売が
相次ぎ、平均価格を大幅に
引き上げたそうです。

また、11月の販売戸数は3496戸で
3カ月ぶりに増加し、契約率も
好調の目安とされる70%を
上回る82.1%だったそうです。

すごい価格ですね。
誰が、購入するのでしょうか。
首都圏では、マイホームは難しいですね。

|

激安ガソリン

愛知県常滑市のガソリンスタンド(GS)が

安売り競争でガソリンを原価割れで販売し、
周りの業者が営業を続けられない恐れが
あったとして、公正取引委員会は11日、
外資系量販店を運営するコストコホール
セールジャパン(川崎市)など2社を
独占禁止法違反(不当廉売)で警告する
方針を固めたそうです。

ほかに警告を受けるのは石油販売会社
バロン・パーク(愛知県半田市)だそうです。
公取委は処分案の通知を始めたそうです。
1リットル約115円だった価格が一時は
85~87円まで下がったそうです。
11月下旬に価格を上げたが、
約10日間は原価割れだったといい、
公取委は不当廉売の恐れがあると
判断したそうです。
でも、自由競争ですからね。
安くても良いような気がしますが。
独占禁止法に当たるのですね。

|

サラリーマンの平均年収

転職サービス「DODA(デューダ)」を

運営するインテリジェンスです。
12月7日、「平均年収ランキング2015」を
発表したそうです。
2014年9月~2015年8月の1年間に、
同サービスに登録した約22万人の
データを元に、20~59歳までの
ビジネスパーソン(正社員)の平均年収と
生涯賃金をまとめたそうです。
2015年の平均年収は440万円だそうです。
前年比-2万円だそうです。
2009年からマイナス傾向にあった
平均年収は、2013年には一度プラスへと
転じたが、2014年には再度マイナスへと
戻ったそうです。
さらに今回も前年を割る結果になったそうです。
なかなか上がりませんね。
まだ、非正規社員が多いのですね。
給料があがるのは、難しいかも
知れませんね。

|

ホンダジェット

ホンダの米子会社で開発を進めている
小型ビジネスジェット機

「ホンダジェット」です。
安全性などの基準を満たすことを
示す型式証明の認定を米連
邦航空局(FAA)から受けたそうです。
すでに100機以上の受注を受けて
米国内の工場での生産を進めているそうです。
年内にも顧客への引き渡しを始めるそうです。

すごいですね。

いよいよ販売されるのですね。

自動車メーカーが、小型ジェットを
作りました。

本田宗一郎の夢だったからですね。
開発者も、大変だったと思います。

|

自動車新税

政府・与党は9日、自動車取得税
(地方税)に代わる新たな自動車課税制度を
固めたそうです。

エコカーの税負担を軽くし、全体で
約200億円規模の減税となるそうです。

新税は、消費税率が10%に上がる
2017年4月、現行の自動車取得税を
廃止する代わりに導入するそうです。

車を購入した年に限り、車を保有していれば
毎年納める自動車税(地方税)に
上乗せして課税する形にし、地方の
財源にするそうです。

新車だけでなく中古車も対象だそうです。

環境性能を示す燃費に応じて
購入額の03%の税率を課すそうです。

最近、税率の議論が多いですね。

軽減税率は良かったですが、
自動車税は、どうなのでしょうか。

取るだけではなくて、使うところも
議論してほしいですね。



|

ペッパー

ソフトバンクグループのヒト型ロボット

「ペッパー」です。
人気があるそうです。
毎月限定台数を発売しているが、
6月以降11月まで、6カ月連続で
1分で完売しているそうです。
ロボット事業会社、ソフトバンクロボティクス
(SBR)は、なかなか手に入れられない
一般の購入希望者のために、12月の
販売台数を11月までの1000台から
1300台に増やしたそうです。
ネスレ日本(神戸市)は、家電量販店などの
コーヒーメーカー売り場でペッパーを
活用しているあそうです。
商品の特徴を対話形式で説明する
アプリなどをペッパーに導入。
子供と一緒にペッパーを見にきた
大人が購入してくれるなど予想以上の
効果が出ているそうです。
販売促進なのですね。
宣伝効果はありますね。
面白いかも知れません。

|

超音速旅客機

国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)が
試験飛行に成功しました。
新時代の扉を開けた日本の航空機です。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、
その先にある未来の機体について
研究を進めているそうです。

超音速旅客機や電動航空機などです。

超音速機として名高いコンコルドは
英国とフランスが共同開発し、
1969年に初飛行しました。
夢の旅客機として脚光を浴びたが、
激しい騒音や燃費の悪さから
2003年に退役しました。
JAXAはその復活をかけて
研究を続けているそうです。
最大の懸案である騒音の正体は、
機体の先端や後端で空気が
圧縮されて起きる爆発のような
衝撃音です。
これを大幅に減らす設計を考案したそうです。
今年7月の無人機によるマッハ1・39の
飛行実験で、機体の先端と後端の両方で
衝撃音を低減させることに世界で初めて
成功したそうです。

日本でも、超音速旅客機が
出来ればよいですね。
戦闘機にも応用できます。

|

テレビの広告

在京キー局のスポット広告が冴えないそうです。

今年4月はかろうじて前年同月並みの
水準を確保したが、5月は同6%減収、
6月も10%減の見込みだそです。

上場するテレビ局5社合計の
今2016年3月期上期のスポット広告収入は
前年同期比1%増にとどまっているそうです。

4~6月期の進捗を考慮すると、
上期は厳しいそうです。

原因は、円安による内需企業の業績悪化
だそうです。

製造拠点を海外に持たない
メーカーにとって円安は逆風で、
特に白物家電製品だそうです。

第二にHUT(総世帯視聴率)の
低下だそうです。

バラエティ番組ばっかりですからね。
テレビを見なくなります。

テレビも逆風ですね。

|

携帯料金

総務省が、スマートフォンなど

携帯電話の通信料金を引き下げるため、
電気通信事業法に基づく指針を定めるそうです。
携帯大手3社に見直しを求める
方針を固めたそうです。

「実質0円」など携帯端末の行き過ぎた
値引き販売を認めず、その代わりに
通信料金の値下げに充てることを指針に
盛り込むそうです。

総務省は新法の制定や法改正ではなく、
指針を2016年2月にも定めることで、
携帯3社に16年の春商戦から適用させる
ことを目指すそうです。
キャッシュバックや、端末実質ゼロ円が
ありますが、毎月の料金が高すぎますね。
もっと、安くする必要があります。
安くなればよいですが。

|

VWのアメリカ販売

ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)です。

1日、米国での11月の新車販売台数が
前年同月比25%減少したと発表したそうです。

今年11月の販売台数は、前年同月より
約8000台少ない2万3882台だったそうです。

排ガス不正問題を受けてディーゼル車の
販売を停止したことが影響したそうです。

VWは、排ガス試験で不正を行うソフトウエアを
搭載していたとする新たな疑惑の浮上に
伴い、米国でのディーゼル車販売を
先月4日に凍結したそうです。

これにより平均的な月間販売台数より
約2割減となったそうです。
さらに、ディーゼル車以外の販売にも
影響したそうです。

日本の評論家が、アメリカや中国ではVWの
販売が落ちていなくて、日本だけ落ちたのは
日本人が神経質だからとか言っている
記事がありました。

どこでも、不正や、問題があると、売り上げは
落ちるのです。
日本人が神経質なわけではありません。
遅かれ早かれ、売り上げは落ちるのです。

VWは、まだ問題が続きますね。

|

中国初の国産ジェット旅客機

中国初の国産ジェット旅客機です。

計画からほぼ10年遅れで商用デビューした
そうです。

中国の成都航空は29日、国有の

中国商用飛機(COMAC)に発注していた
30機の新型旅客機「ARJ21」の
初号機の引き渡しを受けたそうです。

COMACが発表した声明では、
「翔鳳(フライング・フェニックス)」との
愛称を付けられたARJ21は、3カ月間の

試験飛行後に就航するそうです。

ARJ21は78~90人乗りで、航続距離は
2200キロ超だそうです。

中国の商用機の開発の遅れは、
同国の航空機メーカーが政府の
強力な支援を受けながらも、エアバス・
グループやボーイングとの技術力の
差を埋めるのに四苦八苦しているそうです。

商用で納入したのはよかったですね。
でも、前途は多難のようです。
国策ですから、やらざるを得ないでしょうね。

|

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »