« 日本マクドナルド | トップページ | 日本郵政 »

機械受注

内閣府が12日、7~9月期の

機械受注統計を発表しました。
企業の設備投資の先行きを示す
「民間需要」(船舶・電力を除く、
季節調整値)は、前期(4~6月)比
10・0%減の2兆3813億円となったそうです。

5四半期ぶりのマイナスで、下落率は
リーマン・ショック後の2009年1~3月期
(11・4%減)以来の大きさだったそうです。

中国景気の減速などで企業が設備投資への
慎重姿勢を強めたためだそうです。
内閣府は6月末時点で、7~9月期の
伸びを0・3%増と予想しており、
大きく下回ったそうです。
思ったより、中国が減少しているのでしょうか。
注意する必要がありますね。

|

« 日本マクドナルド | トップページ | 日本郵政 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事