« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

壱番屋

ハウス食品グループ本社は30日、

「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する
壱番屋を買収するそうです。
301億円で、51%まで株式を買い増し
連結子会社化を目指すそうです。

壱番屋は、今回の公開買い付けに
賛同しているそうです。
両社のノウハウを活用したメニュー開発や
調達・生産での協働、海外事業の強化、
新規事業の創出などをシナジーとして
見込んでいるそうです。

ハウス食Gは、壱番屋に対して
株式公開買い付け(TOB)を実施するそうです。
買い付け価格は1株6000円。
買い付け期間は11月2日から12月1日
までだそうです。
TOBにより、現在19.55%の保有株式を
51%まで高めるそうです。
壱番屋は利益をあげていたと思います。
それでも、買収されるのですね。
将来に向けてでしょうか。

|

ソニーの業績

ソニーが29日、2015年9月中間連結決算

(米国会計基準)を発表しました。
税引き後利益が、1159億円
(前年同期は1091億円の赤字)だったそうです。
中間期としては5年ぶりの黒字だそうです。
大規模リストラと利益率の高い事業への
集中投資を進め、復活の兆しが
見えてきたそうです。
半導体や、ゲームが良かったそうです。
ただ、スマートフォン事業が依然として
赤字になるなど課題も残っているそうです。
とりあえず、黒字になったのは
よかったですね。
でも、これからですね。
どういう分野で利益を
あげるかですね。

|

自動車販売台数

自動車の今年1-9月の世界販売台数です。

トヨタ自動車が独フォルクスワーゲン(VW)を
上回り、首位の座を奪還したそうです。
1-6月はVWがトヨタを上回っていたそうです。

トヨタの発表資料によると、1-9月のダイハツ工業、
日野自動車 を含むグループ世界販売は
前年同期比1.5%減の749.8万台だったそうです。

VWは同期に商用車メーカー2社分を含めて
同1.5%減の743万台を販売したそうです。

米ゼネラル・モーターズ(GM)は723.5万台
だったそうです。

トヨタの1-9月のグループ世界販売は、
国内販売が同7.8%減だったが、海外は
同0.4%増となったそうです。

一方、VWは西欧や北米で販売が
拡大したが、中国やブラジルなど
アジアや南米で大きく落ち込んだそうです。

もう、VWは、売り上げは、難しいでしょうね。
自滅です。
ディ-ゼルが駄目だと、致命的です。
他の企業にとっては、追い風です。

|

世界競争力ランキング

世界経済フォーラムによる「競争力ランキング」が

発表されたそうです。
日本は、総合順位で昨年と
同じく6位だったそうです。
順位は、
1位 スイス
2位 シンガポール
3位 米国
4位 ドイツ
5位 オランダ
6位 日本
ランキングは世界経済フォーラムが
毎年まとめているもので、「競争力」
「市場規模」「R&D(研究開発)への投資」
などの項目ごとに集計されたそうです。
毎年思いますが、スイスが何故、1位なのか、
全然、わかりませんが。
最近は、シンガポールの成長率も
落ちています。
それでも、2位なのですね。
あまり気にする必要はありませんが。

|

認知症の介護

政府が初めて認知症に関する全国的な

意識調査を行ったそうです。
10年後には高齢者の5人に1人が
認知症か、その予備軍と推計されるそうです。
調査は、認知症に関する意識を把握し、
今後の施策の参考にする目的で行われた
ものだそうです。
「認知症になったら何が不安か」という
質問では、約75%の人が「家族に身体的・
精神的負担をかけるのではないか」と
答えたそうです。
「認知症になったらどのように暮らしたいか」と
いう質問では、約30%の人が
「医療・介護などのサポートを利用しながら、
今まで暮らしてきた地域で生活していきたい」と
答えたそうです。
次いで約28%の人が「周りの人に迷惑を
かけてしまうので、介護施設で必要な
サポートを利用しながら暮らしたい」と
答えたそうです。
年金などの、お金のない人が問題ですね。
高齢者が、若者に比較して、かなり
多いので、どうやってサポートするかですね。

|

TPPの影響

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)です。

参加12カ国の投資やサービスなど
国によって異なるルールが一定の
水準で統一され、企業や消費者は
海外活動で幅広い恩恵を受けられます。

マレーシアやベトナムなどの新興国を
中心とする規制は大幅に減り、日本企業は
海外進出がしやすくなるそうです。

国境の垣根が低くなり、参加国内での人や
モノ、カネの行き来は確実に活発になるそうです。

人件費が安いですからね。

工場を作ることができます。

製品の輸出も簡単に
なります。

メリットとデメリットを考える必要が
あります。

|

今年の訪日客

今年の訪日外国人数(推計値)です。

10月9日時点の累計で1505万1800人に
達したそうです。

1~9月の累計は前年同期比
48.8%増の1448万7600人だそうです。

これまでの年間最高だった2014年の
通年実績(1341万3467人)を早くも
上回っているそうです。
3年連続で過去最高を更新したそうです。

観光庁は今年の年間訪日客数が
1900万人に届くとみているそうです。

数年前は、1000万人が目標でしたからね。

それから考えるとすごい数字です。

でも、半分は、中国人だそうです。

中国景気の減速が心配されていますから、
影響がでなければよいですね。

|

日本郵政グループ

日本郵政グループが
上場します。

ゆうちょ銀行とかんぽ生命保険の
新規株式公開に伴う売り出し価格が
19日、決まったそうです。

ゆうちょ銀行は1450円、かんぽ生命は
2200円になったそうです。

仮条件の価格帯はゆうちょ銀行が
12501450円、かんぽ生命が1900
2200円だったそうです。

いずれも売り出し価格は仮条件の
上限の価格だそうです。

NTT以来の大型の上場だそうです。

株式市場にも、よいニュースです。

|

スマホ普及の影響

若い世代でパソコンを使えない人が

増えているそうです。
IT企業ですら新入社員が使えず
困っているケースもあるそうです。
スマートフォン(スマホ)の普及や、親・学校の
パソコンへの理解不足、経済的に苦しい
家庭が増えていることなどが原因と
考えられているそうです。
就労のためにも技術習得の必要性が
高まっているそうです。
スマホで何でもできるようになっていますからね。
パソコンを使う必要がなくなっています。
使う機会も減っていますね。
エクセルやワードだと、なおさらですね。
時代が、変わってきています。

|

牛丼店

牛丼業界も厳しいようです。

牛丼大手3社が2015年9月下旬から10月にかけて、

期間限定の値下げセールに
踏み切ったそうです。
かつては、各社が客足を取り戻すため
春や秋の年中行事として競い合ったそうです。
円安による原材料高や消費増税で
値上げを余儀なくされているそうです。
相次ぐ値上げで客数が減少していることから、
それぞれ数年ぶりの再開となったそうです。
一時的に客を呼ぶ効果がありそうです。
客離れは深刻で、再び泥沼の値下げ
競争に入る可能性もあるそうです。
牛丼のイメージが安いだけですからね。
値上げされると、影響が大きいですね。
客離れも起こると思います。

|

スズキのSUV

スズキです。

10月15日、新型コンパクトSUV
「エスクード」を発売したそうです。

新しいエスクードは全車ハンガリーの
「マジャールスズキ」で生産され、
日本市場では輸入販売となるそうです。

価格は212万7600円~234万3600円だそうです。

新型エスクードは、2013年9月に開催された
フランクフルトモーターショーに
出品されたコンセプトモデル
「iV-4」がベースになっているそうです。

2014年8月のパリモーターショーで
新型「VITARA(ビターラ)」として
世界初公開になったそうです。

2015年1月からマジャールスズキでの
生産がスタートしてすでに欧州市場を
中心に各国の市場で販売が行われているそうです。

新車が、どんどん発売されています。
世界的に、新商品が発表されていますね。

|

新型プリウス

トヨタ自動車は12月に発売する
新型「プリウス」を日本でも公開したそうです。

注目された燃費性能は、一部グレードで
1リットル当たり40キロメートルを達成するそうです。

現行プリウスの32.6キロから2割以上
向上させたそうです。

国内ではトヨタの小型ハイブリッド車(HV)
「アクア」とスズキの軽自動車「アルト」の
37キロを抜き、トップ(電気自動車と
プラグインHVを除く)となるそうです。

HVは減速時の回生エネルギーから
作り出した電気で、モーターを駆動させて
エンジンを補います。
市街地走行が中心で渋滞が多い
日本は燃費改善効果が高いが、
高速走行が多いとメリットは薄れるそうです。

すごい燃費ですね。
走りもよくなったそうです。
自動ブレーキもあるそうです。

VWの追い風もありますから、
売れるでしょうね。


|

大学生の内定率

就職情報会社リクルートキャリア(東京)の

データです。
13日、2016年春入社予定の
大学生・大学院生の10月1日時点の
就職内定率を発表したそうです。
就職内定率が86.4%(速報値)になったそうです。
今年の大手企業の採用活動は、
経団連の指針変更に伴い、面接など
選考開始時期が昨年より4カ月遅い
8月となりました。
このため、採用活動の遅れが
懸念されたが、多くの企業が
内定式を行う10月1日時点の
内定率は前年同月(86.0%)と
ほぼ同じ水準になったそうです。
いろいろ懸念されていましたが。
率からいったら、影響はないですね。
内定率が、高いので、学生に
とっては、良かったですね。

|

社民党

社民党が来年夏の参院選で、改選2議席を

維持できるかどうかで危機感を
募らせているそうです。

吉田党首と福島瑞穂前党首の
新旧党首が改選を迎えるが、
前回2013年は1議席しか獲得
できていないためだそうです。

社民党は参院比例選で、1998年には
約437万票で4議席を獲得したそうです。
その後党勢は低迷し、得票・獲得議席とも
下降傾向にあるそうです。
2013年は、過去最低の約125万票で
1議席にとどまったそうです。
国民は見ているのですよ。
鳩山政権のときに、普天間問題で、辺野古移設を
撤回しました。
でも、社民党は、対策も出さず、結局
反対だけで終わりました。
やっぱり、代替地やアメリカとの交渉など
実行がほしかったですね。
何にもしなかったですからね。
こういう政党は、必要ないですね。
いりませんね。

|

コンビニとスーパー

コンビニは総菜やサンドイッチといった
主力商品の品質を高めて業績を
伸ばしたそうです。

対照的に総合スーパーは、もうけが
大きい衣料や日用品で消費者ニーズを
つかまえられず、不振が続いているそうです。

稼ぐ力の差が一段と広がっているそうです。

セブン&アイ・ホールディングス(HD)は
本業のもうけを示す営業利益が前年同期比
3・1%増の1724億円だったそうです。
中間期として過去最高を3年連続で
更新したそうです。
関東や関西など地域ごとに味付けを変えた
肉じゃがなどの総菜「セブンプレミアム」の
売れ行きが伸びているそうです。

コンビニはどんどん進化しています。
新商品が、発売されています。

スーパーとの差は開いていますね。

|

昼マック

マクドナルドが平日昼に実施していた

バリューセットの割引、「昼マック」です。
「昼マック」の廃止が話題に
なっているそうです。
正式決定まではいっていないようだが、
多くの利用客から「完全に迷走している」
「マクドナルド行くのやめる」と
大ブーイングが飛んでいるそうです。
 「昼マック」はサラリーマンや学生など、
手ごろな価格でランチを食べたい層に
支持されていたそうです。
「昼マック」は2014年10月8日に開始したそうです。
平日10時から14時半までの
ランチタイムに限り、各種ハンバーガーと
「マックフライポテト」「ドリンク」
(いずれも M サイズ)のセット(バリューセット)を
割引販売する制度だそうです。
なくなると、600円以上になるそうです。
今は、マクドナルド以外にも選択肢が
多いですからね。
人気のある商品をやめると、
ますます、お客の足が遠のきますね。

|

中国の製造業

ホンダ が新型原付スクーター

「ジョルノ」の生産を中国から
日本の熊本製作所に移したそうです。
ホンダのような大手に限らず、中小の
日系工場でも、日本生産回帰や
東南アジアへの進出など中国生産縮小の
動きが進んでいるそうです。
特に人件費の安さを理由に進出した
労働集約型や、中国国内での販売を
考慮していない輸出専業型の場合は、
撤退さえ選択肢に入れているそうです。
山東省の最低賃金は、1994年の月例の
賃金はわずか170元だったそうです。
それが2015年3月の改定では
1600元となったそうです。
20年で約10倍の上昇だそうです。
外資系なら2000~3000元は
必要だそうです。
上海、深センでは最低賃金が
2000元の大台を初めて超えたそうです。
もう、中国での製造は難しいですね。
日本と同じですね。
中国の製造業は、高度化しないと
なくなりますね。

|

ノーベル賞

大村智・北里大特別栄誉教授が

今年のーベル医学生理学賞を受賞
しました。
中でも1979年に発見された
「エバーメクチン」は、アフリカや
東南アジア、中南米など熱帯域に
住む10億人もの人々を、寄生虫病から
救う特効薬へとつながったそうです。
大村さんは73年、大手製薬会社
メルク社と共同研究を開始。
さまざまな微生物が作る抗生物質
などの探索を進める中で、静岡県内の
土壌から分離された微生物が生産する
エバーメクチンを発見したそうです。
すごい人なのですね。
ノーベル賞を受賞して、日本の国民が
知りますね。
でも、いいことです。
日本人として誇りに思います。

|

郵便局

日本郵便が宅配便「ゆうパック」です。

配達するインターネット通販の荷物を
従来に比べて便利に郵便局で
受け取れようにするそうです。

全国2万4000の郵便局で2016年春にも
始めるそうです。

ゆうパックを使ったネット通販の荷物は、
現在も郵便局に留め置くことができるそうです。

ただ、荷物が届いたかどうかを
確認するには、郵便局に出向く
必要があったそうです。
日本郵便は今後、コンビニでの
受け取りと同様、郵便局に荷物が
届いたことを受取人に電子メールで
伝えるなど、利便性を向上させるそうです。

また、ファミリーマートと提携し、ネット通販の
荷物を受け取れるコンビニエンスストアを
拡大するそうです。

コンビニ業界もおこなっていますね。

どんどんサービスが多様化しています。
便利になります。

|

富士重工業

富士重工業 です。

2日、自動車の国内生産能力を
2016年春に年63万2000台へ
引き上げる計画を6カ月前倒しで
達成したそうです。

生産ラインのスピードを上げることで
9月時点で63万6000台に達し、14年10月に
比べ7000台の上積みとなったそうです。

スバルは人気がありますね。

唯一、生産台数を増やして
いますね。

他の自動車業界も景気が
良くなればよいですね。

|

ワタミの介護

居酒屋チェーン大手のワタミです。

損害保険大手の損保ジャパン
日本興亜ホールディングスに
介護事業を売却するそうです。

売却額は約210億円だそうです。

介護サービスは原則、現行のまま
継続されるそうです。

ワタミは売却収入で本業の外食事業の
立て直しを急ぐそうです。

以前は、稼ぎ頭の介護事業でした。
それを、売却するのは、それだけ
大変だということですね。

居酒屋業界も競争が大変ですから、
これからですね。

ブランドイメージが悪くなっていますから。

|

民間給与

民間給与が増加しているそうです。

国税庁の民間給与実態統計調査です。

民間企業に勤める人が2014年の

1年間に受け取った給与の平均です。
415万円で、2年続けて増加したそうです。
前年に比べ1万4000円増えたが、
ピーク時の1997年より52万3000円
少なくなったそうです。
1年通じて勤めた給与所得者数は
4756万3000人(前年比110万9000人増)で
過去最多となったそうです。
国税庁は緩やかな景気回復を背景に
働く人が増え、給与水準も上がったと
みているそうです。
景気がよくなって、人材が不足していますからね。
給料が増えるのはよいことです。
 

|

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »