« シャープの業績 | トップページ | トヨタ自動車 »

VW問題の影響

独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題が

世界に波及しています。
ディーゼル車需要に影を落としています。
クリーンディーゼルエンジンには
“三種の神器”と言える技術があるそうです。
代表格がコモンレールシステムだそうです。
高圧にした燃料をレール(蓄圧室)内に蓄え、
電子制御ユニット(ECU)でタイミング良く
インジェクターから各気筒に適切に
噴射するそうです。
デンソーが世界で初めて実用化したそうです。
二つ目がターボチャージャー(過給器)や
排気ガス再循環装置(EGR)などの
吸排気系システムだそうです。
EGRは東京ラヂエーター製造やティラドが
手がけ、ターボチャージャーはIHIや
三菱重工業などが世界4強に入るそうです。
三つ目が粒子状物質除去装置(DPF)や
尿素SCR(選択還元触媒)など排出ガス
後処理システムユニットだそうです。
DPFでは日本ガイシ、イビデンが高シェアを
握っているそうです。
結局、ディ-ゼルの部品は、日本企業の
ようですね。
影響が大きいですね。
どこまで問題が大きくなるのでしょうか。

|

« シャープの業績 | トップページ | トヨタ自動車 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事