« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

トヨタ自動車

トヨタ自動車が29日、2015年1~8月の

世界販売台数(ダイハツ工業、
日野自動車を含む)を発表しました。
665万台と、前年同期より1・6%
減ったものの、独フォルクスワーゲン
(VW)の655万台を10万台上回ったそうです。
VWは9月に発覚した排ガス不正問題の
影響で、今後は主要市場で販売が減ると
予想されるそうです。
首位を競ってきたVWの「自滅」で、
15年通年でもトヨタが4年連続で
世界トップの座を維持する可能性が
高まったそうです。
こういう形で、VWが不正をするとは
思わなかったですね。
リコールなどだとわかりますが、
不正ですからね。
当分トヨタの独走ですね。
でも、日本企業も注意しないと
いけませんね。

|

VW問題の影響

独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題が

世界に波及しています。
ディーゼル車需要に影を落としています。
クリーンディーゼルエンジンには
“三種の神器”と言える技術があるそうです。
代表格がコモンレールシステムだそうです。
高圧にした燃料をレール(蓄圧室)内に蓄え、
電子制御ユニット(ECU)でタイミング良く
インジェクターから各気筒に適切に
噴射するそうです。
デンソーが世界で初めて実用化したそうです。
二つ目がターボチャージャー(過給器)や
排気ガス再循環装置(EGR)などの
吸排気系システムだそうです。
EGRは東京ラヂエーター製造やティラドが
手がけ、ターボチャージャーはIHIや
三菱重工業などが世界4強に入るそうです。
三つ目が粒子状物質除去装置(DPF)や
尿素SCR(選択還元触媒)など排出ガス
後処理システムユニットだそうです。
DPFでは日本ガイシ、イビデンが高シェアを
握っているそうです。
結局、ディ-ゼルの部品は、日本企業の
ようですね。
影響が大きいですね。
どこまで問題が大きくなるのでしょうか。

|

シャープの業績

経営再建中のシャープです。

2015年9月中間決算は、本業のもうけを
示す営業損益が赤字になるそうです。

5月時点では100億円の黒字に
なると予想していたそうです。

主力の液晶事業で不振が続いて
いるそうです。

16年3月期の通期でみても800億円の
黒字予想を達成することは困難な状況だそうです。
業績予想を引き下げる可能性もあるそうです。

厳しいですね。

営業赤字は、本業が儲かって
いないことです。

中国景気の減速の影響を受けて
いるそうです。
難しいですね。

|

中国の製造業

中国の製造業の景況感を示す
製造業購買担当者指数(PMI)です。

9月速報値は、前月から0・3ポイント
悪化して47・0になったそうです。

リーマン・ショック後の2009年3月以来、
6年半ぶりの低水準になったそうです。

中国の景気がさらに落ち込む兆しを
見せたことで、世界経済にも影響が
ありそうです。

市場は今回、8月より小幅改善して
47・5前後を予想していたが、逆に
3カ月連続で悪化したそうです。

景気判断の分かれ目となる「50」も
7カ月連続で下回ったそうです。

9月は輸出や新規注文、雇用などの
主要な指標がことごとく、前月より
悪化する傾向を示したそうです。

アメリカと日本の国内景気は
あまり影響を受けてないようですが。

でも、輸出は影響がありますね。

|

アップルの電気自動車

米アップルが電気自動車(EV)開発を

「注力プロジェクト」に指定したそうです。
出荷目標を2019年に設定したそうです。
アップルは同プロジェクトの指導者らに、
現在600人で構成されるチームを
3倍増にする権限を与えたそうです。
アップルの革新は見えませんね。
電気自動車ですか。
あまり驚きません。
どんな車を作るのか興味は
ありますが。
自動車業界は、世界中の大手の
企業が、たくさんいます。
その中で勝つのは大変です。
専門外のアップルでは難しいでしょうね。
どうなるのか見たい気もしますが。

|

老後の生活

『老後破産 長寿という悪夢』(新潮社刊)と

いう本が話題になっているそうです。
2012年に東京都港区の、75歳以上の高齢者を
含む2人世帯を調査したそうです。
高齢者夫婦のみの世帯については、
年収250万円未満の世帯が26・3%を
占めたそうです。
4世帯に1世帯は生活保護水準に
近い生活をしているそうです。
同じ港区でその前年、65歳以上の
1人暮らしを調査したそうです。
生活保護水準である年収150万円未満の
人が37%に上ったそうです。
でもですね。
国民年金しかかけていない人は、
最高でも、年間78万円ですからね。
もち家であれば、負担がかなり少なく
なります。
東京は、住居費が高いですからね。
若いうちから老後を考えておくべきです。

|

イトーヨーカドー

セブン&アイ・ホールディングスです。

18日、傘下の総合スーパー、イトーヨーカ堂に
ついて、2020年2月期までに、全体の
約2割に当たる40店を閉鎖するそうです。

不採算店や老朽店を中心に、売却や
統廃合を進め、収益改善を図るそうです。

イトーヨーカ堂は全国で総合スーパーと

食品スーパー約180店を展開しているそうです。

衣料品の不振などから業績は低迷し、
抜本的な見直しを迫られていたそうです。

不採算店などを対象に、16年2月期に
数店を閉鎖し、その後も20年2月期までに
順次、店舗を閉めていくそうです。

もう、何でも屋のスーパーは時代にあって
いないのかも知れませんね。

|

還付制度案

政府は、消費税率10%への引き上げに伴う

負担軽減策として財務省が示した還付制度案に
ついてです。
平成29年4月の増税時の導入を
断念する方針を固めたそうです。
マイナンバー制度の活用など制度設計が
複雑で国民の理解が得られないと判断したそうです。
今後は生活必需品の消費税率を
低く抑える「軽減税率」の具体策を
軸に議論を進め、年末までに結論を
出すそうです。
還付制度がなくなったのは良かったですね。
他に、よい案が出るでしょうか。
他の国でおこなっている方法を
検討すべきですね。
中小企業に負担が少ない方法が
良いですが。

|

オーストラリアの新首相

オーストラリアの自由党の党首選で

ターンブル氏が勝利を収め、新首相に
就任するそうです。
安倍晋三首相を「最高の友人」と
呼んで日豪の蜜月関係を築き、
共通の同盟国である米国とともに
安全保障関係の強化も進めて
中国を牽制(けんせい)したアボット氏が
退陣しました。
日本の対豪戦略は見直しを
迫られるかもしれないそうです。
アボット氏を支持して副党首選に出馬し、
敗れたアンドリュース国防相は更迭が
見込まれ、安保政策での軌道修正も
予想されるそうです。
でも、中国は、景気が悪くなって
いますからね。
新政権がどうするかですね。
変わりましたから、注視する必要が
ありますね。

|

中国企業改革

中国の国務院国有資産監督管理委員会

(国資委、SASAC)の張喜武・副主任
(次官級)の発言だそうです。
14日、業績のさえない国有企業の
再編を進め、一部では廃業を認めるそうです。
張副主任は国有企業改革プランに
ついて会見し、「『ゾンビ企業』や長年に
わたって赤字を出している企業の
改革、および効率の悪い企業や
不良資産の処分に一層努力する」と
説明したそうです。
業績のさえない国有企業の資産を
「公正な価格」で売却するそうです。
少し遅い気もしますが。
出来るでしょうか。
国有企業ですからね。
いろいろな利権があります。
注目ですね。

|

中国の不動産投資

中国国家統計局が13日、8月の主要経済指標を
発表しました。

ことし1~8月の不動産開発投資は
前年同期比3.5%増にとどまったそうです。

活況期には30%台の増加も
珍しくなかったが、昨年から伸び率の
縮小が続いているそうです。

リーマン・ショックの影響で落ち込んだ
2009年1~2月(1.0%増)以来の
低水準だそうです。

中国の景気減速の大きな原因の
一つとなっている投資の伸び悩みが
収まっていないそうです。

海外からの投資も減っているようです。

不動産投資も減少すると中国の
経済も大変になりますね。

|

内閣支持率

時事通信が4~7日に9月の

世論調査を実施したそうです。
安倍内閣の支持率は前月比
1.2ポイント減の38.5%だったそうです。
政権復帰後、初めて4割を切った前月を
下回り、最低を更新したそうです。
不支持率は同0.4ポイント増の41.3%だそうです。
支持率の低下は、安全保障関連法案に
対する世論の理解が進んでいないことに
加え、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の
名護市辺野古移設をめぐる県との対立の
深刻化などが影響したとみられるそうです。
支持率が落ちたのは安全保障は
少しあるかも知れませんが、普天間問題は
あまり関係ないですね。
新聞社の憶測です。
それより、軽減税率で、還付にする方が
問題です。
もっと、国民のことを考えた方法を
おこなうべきです。

|

USJ沖縄

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)です。

運営会社が沖縄県でつくる新テーマパークの
投資額が、約600億円になるそうです。

2020年春までの開業をめざし、10年間で
1・7兆円の経済効果が出ると見込んでいるそうです。

建設予定地は、沖縄県本部町の国営公園
「海洋博公園」の敷地内だそうです。

沖縄の美しい海や輝く太陽といった
自然を体感できる乗り物など、複数の
アトラクションをつくる予定だそうです。

公園内の「沖縄美ら海水族館」は
14年度に323万人が訪れたそうです。

既にある公園内の施設と新設する
パークの相乗効果をねらうそうです。

USJが沖縄でも成功するでしょうか。
注目です。

|

株式市場

9日の東京株式市場です。

日経平均株価の終値は、前 日比
1343円43銭高の1万8770円
51銭と大幅に反発しました。

上げ幅は1994年1月31日(1471円24銭)
以来、約21年7カ月ぶりの大きさだそうです。
歴代6番目の上げ幅だそうです。

中国政府が景気対策に乗り出すとの
期待感などから、世界的な株安連鎖への
不安が和らぎ、買いが殺到したそうです。

ただ、前日までの株価下落の反動との
見方も強く、今後も不安定な相場が
続きそうです。

すごかったですね。
1000円を超えて上がりました。
でも、下落もすごかったですから、
同じかも知れませんね。

少し驚きます。

|

嵐のコンサートの影響

人気グループ「嵐」が今月、

宮城県利府町の宮城スタジアムで
コンサートを開くそうです。
県内宿泊業界がざわついているそうです。
4日間開催の異例のイベントは、延べ
20万人の動員が見込まれるそうです。
全国から集まるファンの宿泊向けに、
通常よりはるかに高い「嵐価格」を
設定するなど歓迎するホテルがあるそうです。
一方、経済効果に疑問を抱く見方も出ているそうです。
仙台市青葉区のあるホテルは期間中、
インターネット予約によるシングル料金を
素泊まり約3万6000円で販売中だそうです。
5000円台の閑散期の約7倍に当たるそうです。
各ホテルでは、常連客や一般客の予約を
断らざるを得ない例も相次いでいるそうです。
異常な価格ですね。
コンサート以外で、宮城に行く人は
いい迷惑ですね。
宿泊もできません。
本当に復興のためでしょうかね。

|

一番搾り

キリンビールの看板商品「一番搾り」です。

中国のプレミアム(高価格帯)ビール市場を
席巻しようとしているそうです。

麦とホップだけを使用したこだわりの製法が、
食の安全に関心を高める中国の
富裕層の心を捉えたそうです。

2011年。競争が激しい低・中価格市場の
商品と差別化を図るため、「日本品質」を
売りにプレミアム市場の攻略に乗り出したそうです。

その切り札となったのが一番搾りだったそうです。

中国からの訪日客の増加で、日本で
一番搾りのおいしさに触れた消費者が

帰国後に買い求める好循環が生まれたそうです。

販売価格は500ミリリットル缶で

9元(約180円)前後だそうです。
1本1元程度のビールもある中国では
かなり割高だが、売り上げは年1~2割
ペースで伸びているそうです。

日本のビール業界は競争が激しいですからね。
おいしいビールが多いですね。
一番搾りはおいしいと思います。

|

インドネシアの高速鉄道

インドネシア政府です。

日本と中国が受注争いを繰り広げていた
高速鉄道計画です。

土壇場で撤回したそうです。

インドネシアへの主要な投資国である
両国を混乱に陥れたそうです。

減速するインドネシア経済において、
同国への海外直接投資(FDI)は数少ない
好調な分野だっただけに、その影響が
懸念されているそうです。

ジョコ大統領は3日、高速鉄道は必要なく、
中速度の鉄道で十分との判断を下したそうです。

インドネシア政府は、日中両国に対し、
中速鉄道の建設に向けて新たな計画を
提示するよう要請したそうです。

政策が決まっていないそうです。
経済が悪くなっていますから、
難しいかも知れませんね。

|

シャープ

経営再建中のシャープです。

3日、管理職のポスト(現行約1100)を
半減以下の約500にスリム化することを
柱とした組織改革を発表したそうです。

10月1日に社内を事業ごとに分ける
カンパニー制を導入するのに併せて
実施するそうです。

組織を簡素化して、意思決定を
迅速化する狙いだそうです。

組織改革では、事業部門や
事業部を統廃合した上、副本部長や
副事業部長など「副」の付く役職を
廃止するそうです。

従来は最大8階層だった意思決定プロセスを
原則、カンパニー社長-事業部長-
部長の3階層にするそうです。

いつ利益がでるのでしょうか。
厳しい状態が続いています。

|

ソニーの4Kスマホ

ソニーです。

2日、世界で初めて高精細な「4K」
映像対応のディスプレーを搭載した
スマートフォン「エクスペリアZ5」
シリーズを発売すると
発表したそうです。

今秋から、日本を含む世界で随時

売り出すそうです。

4Kに対応するのは3種類ある

エクスペリアZ5シリーズの最上位機種
「プレミアム」だそうです。

これまでも4K動画を撮影することは
できたが、今回、初めて対応の
ディスプレーを搭載したそうです。

スマホで4K画像を再生することが
できるようになるそうです。

さらに、撮影機能では画質を維持したままの
5倍ズームや、スマホカメラとしては
世界最速のフォーカス速度も実現したそうです。

でも、スマートフォンで出来たら、デジカメが
売れなくなるのではないでしょうか。
そして、どこで、4Kを使うのでしょうかね。

売れるか注目です。

|

中国の新聞記者

中国の新聞記者が中国政府につかまったそうです。

一人の経済誌記者が中国の株式市場に
「パニックと混乱」を招き「国に多大な損失を
もたらした」と「自供」したそうです。

中国当局は、最近の中国株価急落の後に、
経済誌の記者を拘束したそうです。

記者は中国の有価証券と先物市場に
関する情報を捏造し流布した容疑で、
当局に身柄を拘束されたそうです。

自身の「虚偽の情報」が「株式市場に
パニックと混乱を引き起こし、市場の
信頼を著しく傷つけ、国と投資家に
多大な損害を負わせた」と「自供」したそうです。

なりふりかまわない株価対策です。

記事だけで株価が落ちるのが
問題です。
他の国では、いつものことです。

それだけ、中国の経済が
大変になっているということです。

|

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »