« 中国の経済成長率 | トップページ | 経常収支 »

超高張力鋼板の開発

機能性の高い鋼板開発などを目指す

国家プロジェクト「革新的新構造材料等研究開発」です。
大きな柱の一つとなる超高張力鋼板
(ハイテン)の開発期間が短縮する
見通しとなったそうです。
当初計画では2022年度を目標としていたが、
研究開発が想定より順調なため、
3~5年前倒しで達成を目指す見通しだそうです。
目標の強度は1・5ギガパスカル
(150キログラム)級だそうです。
早ければ17年度にも実現にめどが
付くそうです。
自動車や航空機、鉄道車体などの
軽量化に寄与する素材の高機能化を
目指しているそうです。
(1)鉄鋼
(2)アルミ
(3)チタン
(4)マグネシウム
(5)炭素繊維
(6)各素材を適材適所に使う
マルチマテリアル化のための接合技術
の6テーマで技術革新を
目指しているそうです。
完全に、素材技術で、最先端を
走っていますね。
いろいろな需要が見込まれますね。
いいことです。

|

« 中国の経済成長率 | トップページ | 経常収支 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事