« 首相の訪中 | トップページ | 中国が追加緩和 »

原油価格

週明け24日午前のニューヨーク

商業取引所(NYMEX)の原油先物相場です。
中国経済の減速懸念が一段と
強まる中を売り込まれました。
米国産標準油種WTIの中心限月10月物は
一時1バレル=37.75ドルになったそうです。
約6年半ぶりに38ドルを割り込んだそうです。
午前10時15分現在、中心限月10月物は
前週末比1.48ドル(3.66%)安の
1バレル=38.97ドルだそうです。
8月の中国製造業購買担当者景況指数
(PMI)速報値は約6年半ぶりの低水準を
記録したのが原因のようです。
40ドルをきっています。
どんどん下がりますね。
日本にとってはよいことですが、
世界の景気が悪くなるのは
困りますね。

|

« 首相の訪中 | トップページ | 中国が追加緩和 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事