« 原油価格 | トップページ | 中国での日本車 »

中国が追加緩和

世界的な株安連鎖で25日、東京株式市場の

終値は前日より733円98銭安い
1万7806円70銭で終わりました。
中国市場も大幅下落しました。
混乱への対策として中国人民銀行が
さらなる緩和策を打ち出したそうです。
これを受けた欧米市場は、株価が
上昇に転じました。
株安の連鎖は、いったん食い止められているようです。
アメリカの株価は、下落しましたが。
中国では、上海総合株価指数が
前日から7・63%下落し、2964・97
ポイントという今年の最安値で取引を
終えました。
中国の新たな追加緩和策は、26日から
預金・貸し出しの基準金利(1年物の
預金金利で2%、貸出金利で4・85%)を
0・25%幅下げたそうです。
ヨーロッパの株価は上がりましたね。
これから、どうなるのでしょうか。
予断を許しませんね。

|

« 原油価格 | トップページ | 中国での日本車 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事