« 楽天が電力供給 | トップページ | 中国の新聞記者 »

ビール系飲料の税金

財務省は、ビール系飲料にかかる

酒税の税額を統一するそうです。
ビールの定義も約110年ぶりに
見直すそうです。
ビールより税金が安い「発泡酒」や
「第3のビール」の開発競争が
過熱していたが、ビールを減税して
名乗れる対象も広げることで、海外で
通用するビール開発につなげたいそうです。
いまの税額は350ミリ缶の場合、
ビールが77円、麦芽比率が25%未満の
発泡酒が47円、麦芽を使わないものも
ある第3のビールが28円だそうです。
財務省は、全体の税収が変わらない
水準の55円を目安に税額をそろえたいそうです。
税金を増やしたいだけのような気がしますが。
本当に意味があるのでしょうか。
消費者にとってよいことでしょうかね。

|

« 楽天が電力供給 | トップページ | 中国の新聞記者 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事