« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

ビール系飲料の税金

財務省は、ビール系飲料にかかる

酒税の税額を統一するそうです。
ビールの定義も約110年ぶりに
見直すそうです。
ビールより税金が安い「発泡酒」や
「第3のビール」の開発競争が
過熱していたが、ビールを減税して
名乗れる対象も広げることで、海外で
通用するビール開発につなげたいそうです。
いまの税額は350ミリ缶の場合、
ビールが77円、麦芽比率が25%未満の
発泡酒が47円、麦芽を使わないものも
ある第3のビールが28円だそうです。
財務省は、全体の税収が変わらない
水準の55円を目安に税額をそろえたいそうです。
税金を増やしたいだけのような気がしますが。
本当に意味があるのでしょうか。
消費者にとってよいことでしょうかね。

|

楽天が電力供給

2016年4月の電力小売り全面自由化が始まります。

楽天は、、丸紅が発電した電力を
インターネット仮想商店街「楽天市場」の
出店企業向けに割安に販売する方向で
検討しているそうです。
楽天と丸紅は昨年10月、センサーや
ITの技術を利用したホームエネルギー
管理システム(HEMS)を通じた一般家庭への
電力小売りを進めていくことを柱とした
業務提携で合意したそうです。
提携の一環として、楽天は丸紅から
調達した電力の供給先として
出店企業も加えるそうです。
楽天は運営面でのサポートに、
割安な電力供給という形での
支援を加えるそうです。
顧客の囲い込みですね。
電力でも競争が激しくなっています。

でも、競争があるのはよいことです。

|

アマゾンの動画

米ネット通販最大手のアマゾンです。

9月から、日本で映画やドラマなど
動画の見放題サービスに参入するそうです。

動画見放題サービスは、「プライム・ビデオ」です。

アマゾンのプライム会員になることで
利用できるそうです。

日本や米国の映画やドラマ、バラエティー番組
などが見放題になるサービスだそうです。

9月中に開始予定だそうです。

プライム会員は年会費3900円(税込み)で、

通常より早い配達などの特典が受けられる
制度だそうです。

既に会員になっている人は追加料金なしで
動画見放題も利用できるそうです。

動画のビジネスはヒットするでしょうか。
注目ですね。

|

中国での日本車

2015年1-6月の中国市場

における日系自動車メーカーの
販売台数です。
日産やトヨタ、ホンダ、マツダなどいずれも
前年比で大きな伸びを示したそうです。
日系以外のメーカーが販売台数を
減らすなかで日系自動車メーカーは
成長を維持しているそうです。
日中関係が冷え込んでいた際には
日系車の不買を叫ぶ声が多く
存在したそうです。
日系各メーカーが矢継ぎ早に新車を
市場に投入するなか、中国人消費者は
新車に興味を示し、受け入れ始めて
いるそうです。
日本人は、したたかですからね。
デザイン、技術、燃費などが
優れています。

|

中国が追加緩和

世界的な株安連鎖で25日、東京株式市場の

終値は前日より733円98銭安い
1万7806円70銭で終わりました。
中国市場も大幅下落しました。
混乱への対策として中国人民銀行が
さらなる緩和策を打ち出したそうです。
これを受けた欧米市場は、株価が
上昇に転じました。
株安の連鎖は、いったん食い止められているようです。
アメリカの株価は、下落しましたが。
中国では、上海総合株価指数が
前日から7・63%下落し、2964・97
ポイントという今年の最安値で取引を
終えました。
中国の新たな追加緩和策は、26日から
預金・貸し出しの基準金利(1年物の
預金金利で2%、貸出金利で4・85%)を
0・25%幅下げたそうです。
ヨーロッパの株価は上がりましたね。
これから、どうなるのでしょうか。
予断を許しませんね。

|

原油価格

週明け24日午前のニューヨーク

商業取引所(NYMEX)の原油先物相場です。
中国経済の減速懸念が一段と
強まる中を売り込まれました。
米国産標準油種WTIの中心限月10月物は
一時1バレル=37.75ドルになったそうです。
約6年半ぶりに38ドルを割り込んだそうです。
午前10時15分現在、中心限月10月物は
前週末比1.48ドル(3.66%)安の
1バレル=38.97ドルだそうです。
8月の中国製造業購買担当者景況指数
(PMI)速報値は約6年半ぶりの低水準を
記録したのが原因のようです。
40ドルをきっています。
どんどん下がりますね。
日本にとってはよいことですが、
世界の景気が悪くなるのは
困りますね。

|

首相の訪中

安倍首相は9月3日に北京で開かれる

「抗日戦争勝利70年記念式典」に
合わせた中国訪問を見送るそうです。
参院で安全保障関連法案の審議が
大詰めを迎えることに加え、米国などの
首脳が式典に出席しないことなどを
考慮したそうです。
中国政府は記念式典に安倍首相ら
各国首脳を招待しているそうです。
ロシアのプーチン大統領や韓国の
朴槿恵(パククネ)大統領らが式典に
合わせた訪中を決めているそうです。
いいと思いますよ。
中国も、株価の暴落でそれどころでは
なくなっています。
日本も同じですね。
中国は、日本にとってあまり魅力的では
なくなっています。

|

NYダウ

週末21日のニューヨーク株式相場です。

中国経済減速をきっかけとした
世界同時株安の流れが止まらず、
急落しました。

優良株で構成するダウ工業株30種平均は
前日終値比531.14ドル安の
1万6459.55ドルで終了しました。

下げ幅は1997年10月27日以来、
過去9番目の大きさだそうです。

ハイテク株中心のナスダック
総合指数は同171.45ポイント安の
4706.04で終わりました。

日本株も600円近く下落しました。
すごい下落です。

中国経済は、かなり悪いのでしょうかね。

|

中国経済

中国経済が大変のようです。

英BBCの報道だそうです。

中国人民銀行がこのほど
人民元を突然切り下げたことについて、
世界に与える影響について
紹介たそうです。
そして、中国はこれまで世界経済を
安定させるうえで重要な役割を担って
きたものの、その結果として「中国経済はぼろぼろになった」と

論じたそうです。
「中国が人民元を切り下げたことは
中国政府の焦りを示している」そうです。
世界第2位の経済大国である
中国の実際の経済状況は外部が
予想しているよりはるかに深刻で
ある可能性があるそうです。
実体がわからないのが問題ですね。
他の国だったら、データがあります。
悪くなれば、データで見ることができます。
だから対策が打てます。
中国は見えませんね。
だから問題なのです。
思惑で動きますからね。

|

ペットボトルのビール

三菱樹脂は18日、同社製ペットボトルが、

キリンビールの宅配サービスの
ビール容器に採用されたと発表したそうです。

アルコール飲料にペットボトルを使う
動きはワインなどで進んでいるそうです。
ビールでは珍しいそうです。

採用されたのは、キリンビールの
会員制宅配サービス「キリンブル
ワリーオーナーズクラブ」で宅配する
ビール容器(容量1リットル)だそうです。
ペットボトルの内部に炭素膜を
蒸着させ、酸素や炭酸ガスを
通しにくくしたそうです。

ペットボトルでビールですか。
始めてみますね。
味などはどうなのでしょうか。
ペットボトルにするメリットって
何でしょうかね。
おいしいのでしょうか。

|

首都圏への送電能力

経済産業省が東北地方から首都圏向けの送電能力を
倍増させる方向で検討しているそうです。

全国規模での電力融通を指揮する
「電力広域的運営推進機関」が
9月に基本計画をまとめ、
「連系線」と呼ばれる送電線を

建設する電力会社を募集するそうです。

東北電力管内から東京電力管内への

送電可能容量は現在500万キロワットあるそうです。

これを将来的に1120万キロワット
程度まで増やすそうです。

東電管内の電力需要は最大5千万キロワット
前後で、5分の1程度をまかなえる規模に
なるそうです。

あまっている電力があれば有効に
使うべきですね。
電力は使わないとなくなりますからね。

いいと思いますよ。
民間をもっと入れてほしいですね。

|

シャープ

経営再建中のシャープです。厳しいですね。

資産の整理を全国各地で進めているそうです。

本社の土地と建物の入札を行っているほか、
7月には静岡県内の家電修理の
サービス拠点を売却したそうです。

経営危機が表面化した今年3月以降、
全国各地の拠点を次々に売却しており
一連の資産売却で数十億円を得たそうです。

不要資産の圧縮を進め、財務体質の改善を
図るそうです。
これは、後ろ向きの対策ですね。

赤字は、数千億ですからね。
やっぱり、売れる商品を早急に
開発する必要がありますね。

来期は、少しはよくなるのでしょうかね。

|

ADSLの終了

アナログ電話回線を使って高速データ通信を可能にした
ADSL(非対称デジタル加入者線)
サービスです。

NTT東西地域会社が2016年
6月末で新規申し込みを打ち切るそうです。
ソフトバンクも「申し込みはほとんどゼロ」の
状態だそうです。

大手2社の事実上の“終了宣言”によって、
300万件を超える利用者の
争奪戦が熱を帯びそうです。

総務省によると、15年3月末現在の
国内ADSL契約数は375万3000件で
前年3月末より約72万件減少したそうです。

これからは、光や無線に変更するところが
増えますね。

競争が激しくなります。

|

ファミマとユニー

コンビニ3位のファミリーマートと、

4位のサークルKサンクスを傘下に
持つユニーグループ・ホールディングスです。
交渉を進めてきた経営統合で
基本合意する見通しになったそうです。
合意に欠かせない統合比率で、
おおむね歩み寄ったそうです。

株式の時価総額はファミマが
大きく、これを踏まえた比率とするそうです。
統合は来年9月だそうです。
コンビニ事業の売上高で
ローソンを抜き、2位に浮上するそうです。
コンビニは、もう、大手が残りますね。
競争が激しくなります。
そして、コンビニと他の業界との
競争も激しくなりますね。

|

ミクシイの業績

ミクシィが8月13日、2015年4~6月期

(2016年3月期第1四半期)の連結決算を
発表したそうです。
売上高が前年同期比約3.9倍の
500億円、営業利益は5.2倍の
243億円と大幅な増収増益だったそうです。
経常利益は5.3倍の243億円、
最終利益は5.5倍の159億円に
拡大したそうです。
モンストを含むエンターテインメント事業は
売上高470億円(4.7倍)、
セグメント利益は250億円(5.4倍)になった
そうです。
スマートフォンゲーム「モンスターストライク」
(モンスト)が大きく押し上げているそうです。
すごいですね。
1つのソフトで、利益が変わるのですね。
いかに、人気のソフトを作るかが
重要かですね。

|

パナソニックのLED

パナソニックです。

住宅用のLED照明器具をつくっている
インドネシアの工場を10月末までに
閉鎖するそうです。

日本で売る商品はすべて国内製に
切り替えるそうです。

家電製品の生産を海外に移してきたが、
円安が進み、国内販売の採算が

悪化しているためだそうです。
閉鎖するのはジャワ島西部にある工場で、
LED照明器具の8割を日本に
出荷しているそうです。
今後の生産は、国内主力拠点の
伊賀工場(三重県)に集約するそうです。
国内で生産する方が利益が

出るようになっています。
海外の人件費も上がっていますからね。

時代が変わってきました。

|

ワタミの業績

居酒屋チェーン大手ワタミです。

11日、2015年4~6月期決算を
発表しました。

売上高は前年同期比12・5%減の
345億円だったそうです。

営業損益が9億円の赤字、純損益が
15億円の赤字だったそうです。

いずれも前年同期の赤字幅から拡大し、
1998年の上場以来、過去最悪に
なったそうです。

ブラック企業批判などから、主力の「和民」で
苦戦が続くほか、稼ぎ頭の介護事業も
赤字になったそうです。

「和民」では今春からメニュー全体を
値下げしたが客離れが続いているそうです。

厳しいですね。
居酒屋業界は、全体的に厳しいですからね。
ブラック企業の問題もありました。

これからの対策が重要です。

|

経常収支

財務省が10日、2015年上半期(1~6月)の

国際収支速報を発表しました。
海外とのモノやサービスの取引、
投資収益などの状況を示す経常収支は、
8兆1835億円の黒字になったそうです。
前年同期は4977億円の赤字。
上半期として2年ぶりに黒字転換したそうです。
貿易収支は4220億円の赤字だったが、
前年同期から5兆7794億円改善したそうです。
自動車や半導体が好調で輸出が
前年同期比5.9%増となる一方、
輸入は原油価格の下落が響き、
8.8%減と09年下半期以来の
マイナスとなったそうです。
第1次所得収支の黒字額は26.1%増の
10兆5114億円と過去最大だそうです。
サービス収支は8723億円の赤字だそうです。
赤字額は比較可能な1985年以降で
最も少なかったそうです。
原油価格が下がっていますからね。
いいことです。
このまま続けばよいですね。

|

超高張力鋼板の開発

機能性の高い鋼板開発などを目指す

国家プロジェクト「革新的新構造材料等研究開発」です。
大きな柱の一つとなる超高張力鋼板
(ハイテン)の開発期間が短縮する
見通しとなったそうです。
当初計画では2022年度を目標としていたが、
研究開発が想定より順調なため、
3~5年前倒しで達成を目指す見通しだそうです。
目標の強度は1・5ギガパスカル
(150キログラム)級だそうです。
早ければ17年度にも実現にめどが
付くそうです。
自動車や航空機、鉄道車体などの
軽量化に寄与する素材の高機能化を
目指しているそうです。
(1)鉄鋼
(2)アルミ
(3)チタン
(4)マグネシウム
(5)炭素繊維
(6)各素材を適材適所に使う
マルチマテリアル化のための接合技術
の6テーマで技術革新を
目指しているそうです。
完全に、素材技術で、最先端を
走っていますね。
いろいろな需要が見込まれますね。
いいことです。

|

中国の経済成長率

中国の経済成長率です。

中国国内総生産(GDP)伸び率は
公式統計の半分、もしくはさらに
低い水準であるかもしれないそうです。

中国国家統計局が先月発表した
今年上半期のGDP伸び率は
7.0%で、政府が掲げる2015年
通年目標に沿う内容となったそうです。

14億人の人口を抱える新興国がなぜ、
米国や英国といった先進国より
数週間も前に四半期データを
公表することができるのかといった
疑問もあるそうです。

独立系調査会社ファゾム・コンサルティングは
今年の中国成長率は2.8%、2016年は
わずか1.0%にとどまると予想しているそうです。

もう少し高いかも知れませんが、
かなり低いでしょうね。

製造業も海外に移転して
株価も落ちています。

|

中国株

中国株ショックから約1カ月が経過しました。
市場は多少、落ち着きを取り戻しつつ
あるそうです。

過度に悲観する必要はないという見解が
ある一方、バブル崩壊を懸念する声も
依然として根強く残っているそうです。

中国は、かつての高度成長期の
日本のように猛烈なペースで成長を
続けてきました。

GDPの絶対値ではすでに日本の
2倍の規模があります。

でも、GDPって土地や建物もありますからね。
株価は、実体にあっていませんからね。

景気が悪くなっています。
どうやって、景気をあげるかですね。

|

キヤノンの工場

キヤノンは4日、国内でのデジタルカメラ生産を

完全自動化するそうです。
自動化に必要なロボットや機械などの
生産技術を開発する総合技術棟を、
大分県国東市に2016年末までに建設するそうです。
自社製造ラインの開発を加速するそうです。
18年以降順次、大分、長崎、宮崎の
各県にある国内4工場への導入を目指すそうです。
総合技術棟の建設には約133億円を投じ、
技術者約500人が開発に当たるそうです。
完全自動化は高級モデルのカメラや交換レンズも
対象で、これにより生産コストを2割程度
削減できるそうです。
競争力を上げる必要がありますね。
デジカメもスマートフォンに押されて
います。
コスト削減をする必要がありますね。

|

奨学金返納延滞者

日本学生支援機構の遠藤勝裕理事長が

参院安保特別委員会で参考人出席して
発言したそうです。
26年度末の奨学金返納延滞者の
数について
「25歳未満で6万200件、
25歳以上35歳未満が21万4751件、
35歳以上45歳未満5万7176件、
45歳以上1万7848件」だそうです。

延滞理由別では「全体を調査していないが、
25年度のサンプリング調査では51.1%
は本人が低所得のためだそうです。
15.1%は本人が失業しているそうです。
5%は本人が病気、また親への経済的困窮に
支援というのも大きな理由」としたそうです。
やっぱり、授業料が高すぎますね。
昔の国立大学のように、安くすべきです。
そうすれば、勉強する人が国立大学に
安くいけます。
そして、私立大学を半分にすべきですね。
人口も減っていますので、減らすべきですね。

|

シャープの業績

経営再建中のシャープ の

業績です。
31日、2015年4~6月期の
連結決算を発表shたそうです。
売上高は前年同期比0.2%ダウンの
6183億円だったそうです。
本業のもうけを示す営業損益は
前年同期の46億円黒字から
一転して287億円の赤字になったそうです。
最終損益は339億円の赤字と
4~6月期としては5年連続で
赤字となったそうです。
前年同期の17億円赤字から
赤字幅が大幅に拡大したそうです。
液晶テレビや携帯電話の販売が
落ち込んだことなどが影響して、
いるそうです。
なかなか黒字になりませんね。
売り上げが増えているのに、
利益は出ていませんね。
儲かる商品がないのですね。

|

中国での日本車

中国自動車市場では、
販売台数が低迷しているそうです。

その中で、日系メーカーだけが
「一人勝ち」の状況にあるそうです。

「自動車市場の主力ターゲットに
なりつつある若年層に支持された点」や
「高い技術力が評価された点」が
その理由だそうです。

中国の自動車市場で販売台数の
減少に直面している各メーカーが
値下げを余儀なくされており、価格競争が
繰り広げられているそうです。

中国自動車市場がこれだけ低迷して
いるにもかかわらず、これまであまり
好調でなかった日系メーカーがここに
きて好調を維持しているそうです。

以前は、日本車だけ売り上げが
よくありませんでした。

正当に評価されるように
なったのでしょうかね。
いいことです。

|

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »